HOME

お金を借りるにもいろいろな手があります! 工夫して最適な借り方を選びましょう! 

 

お金を借りることは、恥ずかしいことではありません。お金を借りる人たちは少しも珍しい存在ではありませんし、そんなに後ろめたく感じる必要もありません。

 

しかし、お金を借りることに未だにためらいを感じている人たちもいるのかもしれません。
お金を借りる必要ができてきたら、思い切って借りてしまっても悪いことはありません。もちろん、借りたお金を返せなくなってはいけませんが、お金を借りるだけだったら引け目を感じる必要はまったくありません。
今すぐお金を借りて、その場を上手に乗り切りましょう。

 

とはいえ、まったくお金を借りた経験がない場合は、どうやってお金を借りるのがよいやり方なのか、なかなか見当がつかないでしょう。
お金を借りるときは確かに用心したほうがいいですね……どこから借りてもよいということではありません。
借り方を間違えると、あとで取り返しがつかない結果になってしまうこともあります。
お金を借りる方法は実際にたくさんあって、それぞれの違いもちょっと見ただけではよくわかりませんから。

 

 

たまたま最初に見つかったところを選んでしまうような人もいるのだそうです。
これは確かに危険な方法で、おすすめできることではありません。
お金を借りる方法に疎い場合は、じっくり調べてからでないと後々後悔することになるでしょう。

 

もっとも、現実的にはよく調べている時間はないかもしれませんね(お金を借りる必要があるのにゆっくりと考えている余裕があるとも思えませんし)。
ようするに、切羽詰まっているということです。
しかしそういうときこそ、まさに運命の分かれ道です。
困り果ててしまうと、普段は冷静な人でも落ち着きをすっかりなくし、まともな判断力を失ってしまうことがよくあります。そんなときにお金を借りると、間違った方法を選んでしまう恐れがあるのです。

 

このサイトでは、お金を借りる方法を経験のない方向けに項目を設けて説明していこうと思います。

 

お金を借りるWEB記事一覧

消費者金融でお金を借りるのはかなり一般的な手段で、これまでにも数え切れない人たちが消費者金融でお金を借りてきました。「最初にお金を借りる方法として思いついたのが消費者金融のキャッシングだった」という話も多いですね。消費者金融のメリットは次のようなことではないでしょうか。・審査はありますが、いくつかの懸念事項に引っかからない場合はだいたい通過することができる・すぐにでもお金を借りられる業者を見つける...

消費者金融も、ただ便利なことばかりではありません。消費者金融は一般的に高い利息で融資事業を続けてきています。返済をするときには割高になるというデメリットもあることを覚えておかないといけません。もっとも、数年前から法律が改正されたために、かつてのようなグレーゾーン金利での融資は禁じられていますが。これまでに比べれば金利についてあいまいな設定をされることはなくなりましたが、かわりに融資の条件は厳しくな...

お金を借りたいと思ったとき、個人的な交友関係の間で埋め合わせることができればしめたものですが、さすがにそんな手をちょくちょくは使えないでしょう。となると、どこかからお金を借りないといけませんが、いちばん身近な手段となると、クレジットカード等ではないでしょうか。クレジットカードはショッピング等をするために発行してもらうことが多いですが、けっこうな割合でキャッシングのサービスもセットで付いてきます。ク...

なお、「クレジットカードのショッピング枠で、お金を借りる方法」がときどき話題になっていますね。これは正確にいえば、「お金を借りる」のではありません。いわゆる「ショッピング枠の現金化」です。「現金化」は、以下のような方法をとることが考えられます。・指定された品物を指定された場所で、カードで購入するような形を取る(その品物を引き渡して現金と交換してもらうのです)・カードの情報を電話やFAXで伝えて、そ...

不動産や車を手に入れたいときや、事業をはじめたい人たちはよく借りています。銀行では口座を持っていたり、定職についていたりといった一定の条件を満たしていれば簡単にローンを使うことができます。消費者金融等と比べて金利もとても安めですから少額のお金を借りるときにはおすすめできる方法です(もちろん返済はきちんとしないといけませんが)。ところで、まとまった資金が欲しいこともあるでしょう(家やマンションを買い...

銀行から、少しでも確実にお金を借りることを目指すなら、最近口コミ等で評価が上々になってきている、多目的ローンやフリーローンから試していくほうが無難でしょう。それ以外の場合は、相談に行く前にしっかりとした準備が必要です(目的等をしっかりと答えられるようにしておいて、どんなツッコミを受けてもすらすらと臨機応変に回答できるようにしておかないとうまくいかないでしょう)。なお、どんな融資かに関係なく、銀行や...

国からお金を借りることもできます。有名なものとしてはまず、日本政策金融公庫がありますね。これは、主として事業をやっている人たちが事業資金を国から借りるために使うシステムです。事業者にとっては銀行や事業者ローン等よりも心強い味方になってくれることがあります。これは近くの日本政策金融公庫に行って手続きをします。事業計画について説明するなど、書類の提出や面接を受けることで決まります。そのほか教育ローン等...

最近の不況や失業率を反映して、行政は生活のための資金の融資(生活福祉基金)を用意しています。これは各地の社会福祉協議会に行って手続きをする必要があります。※特に失業者にはおすすめの制度です! 社会福祉協議会に行って手続きをして認められれば(地域によって内容が違いますが)毎月の生活を何とか続けていける程度のお金を借りることができると思ってよいでしょう。※ただしあくまでも生活を支援するための融資ですか...

労働金庫とはどんな組織でしょうか?「労金」すなわち労働金庫のことですが、知っている人と、まったく行ったことがない人とでかなりのギャップがある機関ですね。労働金庫は一種の金融機関ですが、銀行や信用金庫と異なり、営利目的で運営されているわけではありません。勤労者が安定した労働や事業活動等を行っていけるように、何かとバックアップをすることを目的として設立されている金融機関なのです。金融機関としてさまざま...

労金では、債務が多い場合や失業している場合、あるいは生活に困っている場合はそれを支援するための相談も受け付けていますし、そのためのローンや支援制度もあります。消費者金融等に頼りすぎるよりも、こちらを使ったほうが得策になることもあります。意外と労金を利用しようとしない人が多いのは、考えてみればもったいないことです。もちろん、簡単にお金を借りることができるわけではありませんし、借りられたとしても厳しい...

ソーシャルレンディングは、あまり日本ではまだなじみがありません。しかし、ソーシャルレンディングという言葉を知らなくても、お金を借りたくなったときはぜひ調べたほうがよいでしょう。ソーシャルレンディングは、インターネット上で発達したサービスのひとつで、海外で発生して日本にも持ち込まれました。この制度ではお金を借りたい人とお金を投資したい人とを結びつけるためのマッチングを実行することができます。ソーシャ...

ソーシャルレンディングでお金を借りるときは、自分の身分や収入の状況を証明するため、身分証明書となるものや最新の源泉徴収票等を用意する必要は出てきます。また、インターネットを通じての取引となるため、時間はかかりますしセキュリティにも注意を払わないといけませんね。そしてソーシャルレンディングでお金を借りるために必要なことは、お金を用意してくれる人をどうやって口説き落とすかです。インターネット上を通じて...

無職でお金を借りるにはどうしたらよいでしょうか。無職になってしまったら、いちばんお金が必要になるということでもありますね。……しかし、そんな大事なときにお金をいっさい貸してもらえないのは本当に困りものでもありますが……。無職では「お金を貸しても、それを返済するあてがないだろう」と判断せざるを得ません。だからどこの貸金業者も貸してくれません。お金を借りる方法はいろいろとありますが、そのほとんどは、収...

失業者になった場合等はどうやってお金を借りるようにするべきでしょうか? ・ケース1まずせめて安定したバイト先を見つけるといった工夫が必要でしょうか。安定したバイト先があるとアピールすれば、貸してもらえることもゼロではありません(決して楽観はできませんが)。・ケース2就職活動がうまくいって内定を得た場合等は、まだ正式に入社する前でも貸してもらえることはまれにあるようです。・ケース3派遣社員の場合、現...

お金を借りる目的はさまざまですが、一歩間違えるとあっという間に多重債務者になってしまいます。しかも最近は不景気ですから、どんな人にも突如として失業する恐れがあります。債務を抱えているときに失業するのはたいへんな痛手となりますから、決してそんなことにならないようにしたいものです。しかし、現実には多重債務者は多いですね。一ヶ所のローンやキャッシングでは賄えなくなってくると、別のローンやキャッシングに頼...

債務整理をすると、何年もの間ブラックリストに記載されてしまいますから、ローンを組んだりカードをつくったりできなくなるというデメリットがあります。しかしそれでも債務整理はしたほうがよいでしょう。債務整理がうまくいけば、行政等でも融資をしてくれる可能性が出てきます。債務をただ抱えているままでは、行政も労金も助けの手を差し伸べてくれない恐れがありますが、債務整理をしていることを証明できれば話が変わってく...