総量規制対象外のローン

最近では、テレビのニュース報道でも「総量規制」という言葉が紹介されていると思われます。総量規制というのは、自分の年収の1/3を上限として、お金の借り入れが行えるということを指します。たとえば、年収が二百四十万円である場合には、最高で七十万円までしかお金をか理る事ができないということを指します。

 

多重債務という言葉を聞いたことがあるでしょう。多重債務は、複数の金融業者から借金をすることを指します。多重債務に陥るのは、借金を返すことが出来ずに、返済のためのお金をほかの消費者金融などから借入を行います。その結果、雪だるま式に借金が膨れ上がってしまって、最終的には、自分でコントロールしきれなくなってしまうのです。このような多重債務の状況に陥らないようにするために、総量規制が実施されています。

 

 

しかし総量規制についてですが、対象は、貸金業法に基づいて、営業をしている業者に限られます。消費者金融業者などが中心ということになります。ですから例えば、銀行からローンで借入をした場合には、貸金業ではありませんので、総量規制の対象外にすることができるわけです。

 

IT金融の中には、銀行が母体となって、サービスの提供を行っているものもあります。もし銀行が母体のIT金融であれば、総量規制の対象外ということになります。ですから、自分の年収の1/3のラインということを意識する必要もなくなるということになるわけです。総量規制で勘違いしやすいポイントなので、注意しましょう。