ブラックリストに登録されるとどうなるのか?

金融事故情報=ブラックリストに登録されると,信用情報機関に加盟している金融機関は,借入れや融資の審査において、その金融事故情報を閲覧することができるようになります。

 

現在では,消費者金融(サラ金)、信販会社(クレサラ)、ローン会社、商工ローン会社,銀行などほとんどの金融機関が、どこかの信用情報機関に加盟しています。

 

したがって、ブラックリストに登録されているかどうかは、ほとんどの金融機関が知ることができるということになります。

 

ブラックリストに登録されているということは、社会的信用・返済能力がないということになりますから、当然、金融機関は貸付けや融資の審査を通さないということになります。

 

債務整理を行うことも金融事故情報に登録されます。

 

したがって、債務整理をするとブラックリストに登録される結果、新規の借入れ、融資、ローンを組むことなどができなくなります。はっきり言ってしまうと、闇金以外の正規の金融機関から借入れをすることはできなくなると思っておいて間違いないでしょう。

 

ブラックリストに登録されたことによる考え方には2通りあります。

 

1つ目はブラックリストに登録されたことにより今後借入れができなくなり自らを戒めることができるというポジティブな考え方です。
今後はクレジットカードなどは持てませんが、毎月限られた現金で生活ができるように訓練することができます。借金に依存した生活を立て直すチャンスでもあります。

 

2つ目はクレジットカードを持てなくなることで実生活が不便になるという考え方です。
しかし、最近ではデポジット型のクレジットカードがありますから、この問題は解消されています。一昔前はデポジット型のクレジットカードがなかったため、ネットショッピングやETCなど不便でした。