奨学金の滞納でブラックリストに載らないために

・病気やけがで働けなくなった
・月給が思ったより少なく返済に回せない
・そもそも定職に就けていない

 

など、人それぞれ返済の滞納に至る理由はあると思います。

 

一番の問題は、返済ができないからと言って日本学生支援機構からの連絡や督促を無視し連絡を拒否し続けるからいけないのです。

 

銀行や消費者金融からの借り入れも一緒です。
返済できないのであれば、自ら連絡するor相手からの連絡には誠実に応える。

 

 

これが最低限の大人のマナーです。連絡がつかなければ貸した側からすれば逃げていると判断するのも当然のことです。裏切り者と思うでしょう。

 

特に、奨学金の返済が困難な場合には、以下の救済措置がありますので参考にしてみてください。

 

?返還期限猶予の制度
?減額返還制度

 

こうした救済措置の手続きを取れば、奨学金の返済ができなくてもブラックリスト入りは免れることができます。