ブラックリストに対する間違った知識

よくある間違った知識として以下のようなものがあります。

 

・戸籍や住民票に記載される
・就職で不利になる
・家族やご近所さんなどに知られてしまう
・離婚して名字が変わればブラックリストから消える
・子供の進学に影響がある
・家族の信用情報に影響する

 

但し、直接的には影響がなくても間接的に影響することはあります。

 

例えば、子供が住宅ローンを組む際に通常収入がある配偶者が連帯保証人になりますが、専業主婦の場合連帯保証人になれません。

 

その場合、収入のある父親が連帯保証人になることが考えられます。
しかし、親がブラックリストに載っていれば連帯保証人になれませんので審査に落ちてしいます。こうして本人の問題ではなく間接的に審査落ちすることになり、審査が通らなかった理由は教えてもらえないため本人の問題のように感じてしまいます。

 

 

例をあげた中で実際にブラックリストに載ってしまうことで起こりうるのは「新たにクレジットカードが発行できない、キャッシングやローンなどの申込みをしても審査に通らない、賃貸契約の審査が通らない」という一点だけなのです。

 

それ以外の情報は全て間違った情報なのです。

 

ブラックリストに載ることでのデメリットは一つ。しばらくの間、新たにお金を借りることができなくなるということだけです。

 

具体的には、

 

・持っているクレジットカードが使用できなくなる
(※但し、カード更新時まで使用できることもある)
・新規でクレジットカードが発行できなくなる
・キャッシング・カードローンの申込みをしても審査に通らない。
・車を購入する時のマイカーローンも組めない
・住宅を購入する時の住宅ローンも組めない

 

という状況になります。

 

しばらくの間とは、ブラックリストに載ることになった原因によって、ブラックリストに掲載される期間が異なるため、一律に、「いついつまで。」ということは誰にもわかりません。
詳しくは、「各信用情報機関のブラックリスト掲載期間」のページをご覧ください。