各信用情報機関のブラックリスト掲載期間

KSC(全国銀行個人信用情報センター)

全国銀行協会が設置・運営している個人信用情報機関。銀行系の個人情報を保有する信用情報機関です。ブラックリストから消えるにはブラックリストになった金融事故の解消から以下の期間が必要となります。

 

・延滞:5年
・代位弁済:5年間
・債務整理:5年間
・自己破産:10年間

 

CIC(指定信用情報機関)

割賦販売法および貸金業法の両業法に基づく指定信用情報機関。クレジットカード系の個人情報を保有する信用情報機関です。ブラックリストから消えるにはブラックリストになった金融事故の解消から以下の期間が必要となります。

 

・延滞:5年間
・債務整理:5年間
・自己破産:7年間

 

 

JICC(日本信用情報機構)

消費者金融系の信用情報機関。信販会社によるクレジットカード、キャッシング系の個人情報を保有する信用情報機関です。ブラックリストから消えるにはブラックリストになった金融事故の解消から以下の期間が必要となります。

 

・延滞:1年
・債務整理:5年間
・自己破産:5年間
・強制解約:5年間

 

なお、上記の各信用情報機関は「CRIN」と呼ばれるネットワークで、金融事故情報の共有を行っています。
たとえば住宅ローンの利用で3カ月以上延滞をした場合、KSC(全国銀行個人信用情報センター)に金融事故情報として登録されますが、同時に「CRIN」によってCIC(指定信用情報機関)やJICC(日本信用情報機構)にも金融事故情報として表示されるようになっています。
ですから、正規の金融機関(闇金を除く)から借りたお金はしっかりと返済しないと、すべての個人信用情報機関にブラックリストとして登録され、どの金融機関からもお金が借りれないことになります。