ブラックリストに載っていても子どもや家族に影響はありませんか?

一家を支える大黒柱であるご自身がブラックリストに載っていた場合についてですが、基本的には本人の問題であるため子どもや家族に影響する事は無いのですが、一部では少なからぬ影響を及ぼしてしまい人生設計に狂いが生じることがあります。

 

まず子どもや家族に影響を及ぼさないケースについてですが、例えば配偶者の方がクレジットカードなどに申し込む際には加入審査を受ける事になるのですが、この審査では申し込みをした配偶者について審査が行われることになります。

 

リスト入りしている自身の存在とは関係なく審査が行われますので、一定の収入があるなど要件を満たして他に問題がなければカードを取得できる可能性は高くなります。

 

一方でブラックリストに載った事で影響を及ぼす場合についてですが、例えば専業主婦の配偶者が消費者金融を利用しようと申し込んだ時に問題が生じることがあります。

 

 

専業主婦の場合は無収入になりますのでかねてからの規制により融資を受ける事ができず、この場合は一家の大黒柱であり収入がある夫の資力
この配偶者貸付は夫の同意が得られれば専業主婦の方でも融資を受ける事ができるのですが、夫に延滞などの過去がある場合は審査で弾かれてしまい融資が断わられる要因になります。

 

また同様のケースとしては、子どもが学生時代にクレジットカードを取得しようと申し込むケースが挙げられ、この場合も親の事故情報が関係して審査を落とされることがあります。
学生時代に早々とクレジットカードを取得する事には賛否両論がありますが、特に海外旅行に行く際にはカードが便利になりますのでこうした機会に取得する事が多くあるのですが、学生の場合は自身の収入だけでなく親の収入についても確認が行われることがありますので、万が一にも親の事故情報が登録されていればそのことが要因で審査に落ちる場合があるのです。

 

またそれ以外にブラックリストに載った事で子どもや家族を巻き込み人生設計に問題が生じるケースとしては、車の買い替えや買い増しに際して過去の延滞など事故情報があればオートローンが利用できなくなったり、また念願のマイホームを購入する際にも住宅ローンの審査で落ちる事もあります。

 

特にマイホームを持ち事を夢に頑張っているご家庭の場合はより大きなショックを受ける事になり、事故情報が消えるまで待った後にローンを組んだ場合の返済回数の再計算など考えたり悩みを抱える事になりかねず、このあたりは一家にとって非常に大きな問題になります。