ブラックリストに載っていても就活に影響はありませんか?

近年では景気の回復基調の中で学生の就活も以前のような厳しさを伴わないようになったのですが、その一方で私生活の面でブラックリストに載っていた場合に基本的に影響はないものの、ケースによっては影響を及ぼす事がありますので注意が必要になります。

 

このブラックリストに載っている場合の就活への影響については2つのパターンが挙げられ、まず企業の自社内のリストに記録があるケースと、リスト入りに留まらず破産に至った場合に一部の職に就けなくなるケースがあります。

 

まず企業の自社内に記録がある場合についてですが、以前は金融業界への就職に際して銀行や消費者金融などの金融会社は採用にあたり信用情報機関に問い合わせて学生に関する情報を確認し、借金の有無などについて調べる行為が横行していました。
現在ではこうした信用調査は個人情報の保護の観点から行なわれておらず、信用情報機関に登録されているブラックリスト入りの情報を知られることは無いのですが、その一方で就職先の企業のサービスを利用していた場合には自社内にサービスの利用履歴が残されていますので、そこで要注意人物としてブラックとみなされていれば当然ながら採用される事はありません。

 

 

就活中の学生について信用情報機関を利用した場合には問題が多い一方で、企業が自社内に抱えている情報を確認する事はなんら問題はありませんので、例えば過去にクレジットカードで延滞した場合にはそのカード会社や関連会社などに就職する事は難しくなります。
金融関係の場合は子会社などの関連会社も多く存在しますので、調べてみると採用が難しいであろう会社の数が増える場合もあります。
また企業側が採用するか否かを判断する際に興信所などを利用して信用調査が行われることもありますので、調査により問題が発覚すればこの場合もまた落とされる事になります。

 

続いてリスト入りから破産まで事態を悪化させたケースについてですが、この場合は信用情報機関に事故情報として登録されていますので生活の面で不便が生じるだけでなく、就職に関しても非常に大きな制約が生じる事になります。

 

実は破産者に関しては資格制限が設けられている職業がありますので、破産の履歴がある場合には一部職業への就職が制限されることになります。
具体的な職業としては、弁護士・公認会計士・司法書士・税理士・行政書士・宅地建物取引主任者・生命保険外交員・企業の取締役・警備員などを始めとして様々あてはまり、意外にも多くの職業に就く事ができなくなります。