ブラックリストに載っていても携帯電話を契約できますか?

ブラックリストは金融業界で共有される信用情報になりますので、一見すると無関係の携帯電話の契約には関係ないようにも見えるのですが、ブラックリストに載っていた場合には携帯電話を契約できなくなる可能性が高くなります。

 

このブラックリストに載るケースとしては二通りが挙げられ、まず携帯使用料金を携帯会社に支払わなかった場合にリストに登録されるケースと、端末の購入の際に分割払いを選択して延滞した事でリストに登録されるケースに分かれており、双方で意味合いが少々異なります。

 

まず前者の携帯使用料金を携帯会社に支払わなかった場合についてですが、実はあまり知られていないのですが顧客の料金不払いの情報については携帯電話・PHS会社の事業者間で情報を交換しており、新たに携帯会社に加入する際には審査が行われて断わられる事があるのです。

 

 

これは事業者間で情報をやり取りする事で料金不払いの再発を防止すると共に、私たち利用者の公平性や利益を守ることを目的としたもので、すでに平成11年4月から実施されています。
情報の交換で対象となるのは、平成11年4月からそれ以降に契約解除となり事業者に対して料金不払いのある顧客が対象とされ、情報については契約解除から5年間継続される事になります。
この事業者間の情報交換では個人情報について細かく記載されており、氏名・生年月日・性別・住所・契約解除前の電話番号・連絡先電話番号・料金不払いの状況、などが記録されていますので新規加入に際しては必ず引っかかる事になります。
情報をやり取りしている事業者はNTT docomo・au・Soft Bankなど大手はもちろんの事、UQコミュニケーションズ・ヤマダ電機などを始めとするデータ通信を手がける会社も含まれていますので、万が一にもリスト入りした場合には携帯は元よりパソコンのデータ通信に関しても断わられる可能性が高くなります。

 

続いて端末の分割払いで延滞した場合についてですが、こちらの場合には状況はより深刻なものになります。

 

一般的に端末の分割払いは月々の携帯代と共に携帯会社から請求される事になりますので、分割払いが滞る事は携帯代も支払っていない事にも繋がりますので、まず携帯会社から契約解除されて新たに加入できなくなります。
さらに分割払いはクレジット契約になりますので支払いをしなければ延滞にあたり、金融業界の信用情報機関に事故情報として登録されますので、消費者金融やクレジットカードの発行に関しても断わられる可能性が高くなります。