ブラックリストに載るとどんな影響がありますか?

ブラックリストとは一般的に金融業界において要注意人物の情報の事を指していて、銀行・消費者金融・クレジットカード会社などを始めとする様々な企業が信用情報機関を通じて個人の信用情報の共有を行なうため、リストに載るとその後の人生において多大な悪影響を及ぼす事になります。ではブラックリストに載ることで具体的にどのような悪影響が及ぶ事になるのでしょうか。

 

まずリストの載る事は、ブラックリストと呼ばれるリストが存在するわけではなく、金融業界でそれぞれの会社を利用する顧客の情報について登録を行なう信用情報機関に、ご自身に関する事故情報が登録される事を指しています。

 

この事故情報は借金などの返済が滞った場合に延滞・債務整理・代位弁済などが生じると登録されるもので、以降は様々な企業が信用情報機関で個人の信用情報を確認する際に事故情報の存在が判明すると、自社サービスの利用を断る事になります。

 

 

この信用情報機関は銀行系・消費者金融系・クレジットカード系などのように業種別に分かれているのですが、いずれの機関でも相互に情報共有が行なわれている事から、例えば消費者金融で延滞があれば銀行やクレジットカードなど他の業種にも事故情報が共有される事になりますので、この点がブラックリストに載る上で一番恐い所になるのです。
上記の例のようにどこか一つの消費者金融で延滞があれば、他の消費者金融で新たに借り入れができなくなるのはもちろんの事、銀行カードローンを申込んでも断られる事になり、また融資とはやや性格が異なるクレジットカードを申し込んだ場合にも断られる事になります。

 

また買い物をする際に高額な商品については支払い方法でローンを選択することもあるのですが、ローンについても断わられる可能性が非常に高くなります。

 

ローンはローン会社が先に料金の支払いを行い、その後は分割で返済していく事になりますので借金としての性格が強く、ローンを申し込む際にはそれぞれの顧客の信用について審査が行われることになります。
職についており収入があれば問題無いようにも見えますが、それ以外にも借金の有無や返済残高などについては信用情報機関に問い合わせて確認する事になりますので、この段階で事故情報が登録されていた場合には断られてしまいます。
例えば家電を購入する際のショッピングローンや車を購入する際のオートローン、さらには住宅を購入する際の住宅ローンの審査にまで響く事になりますので、ご自身の問題だけでなく家族を巻き込み悪影響を与え将来設計を危うくする事もあります。