代位弁済で事故情報(ブラックリスト入り)

代位弁済とは金融機関から融資を受ける際に信用保証協会や保証会社などによる保証が附保されているケースで、債務が返済できない場合に協会・会社側が肩代わりして債務を返済することを指しています。

 

銀行などから融資を受ける際には一定の審査を受けることになるのですが、その際には経営計画や業績などと共に信用の部分についても細かく見られることになり、特に中小の零細企業などが融資を受けようとした時には信用の部分が不足する事が往々にしてあります。

 

銀行側としても融資したにも関わらず倒産したり業績悪化により不良債権化することは避けたいもので、零細企業への融資では何かしら保険を求める事になります。

 

そうした時に銀行は企業に対して信用保証協会の利用を勧める事になり、銀行経由で保証を申し込み保証の審査が通れば銀行側としても安心して融資することができるようになるのです。

 

またこうした保証の仕組みは銀行カードローンにもあてはまるもので、利用者の方にはあまり知られていないのですがカードローンもまた保証会社からの保証が附保されていますので、返済ができない場合は保証会社により肩代わりされる事になります。

 

事故情報(ブラックリスト入り)の条件

代位弁済は融資を受けた方が返済できない場合に、銀行に変わり信用保証協会や保証会社などが肩代わりしてくれる仕組みとなりますが、これは利用者側にメリットがあるわけではなくあくまで銀行側が損をしないための仕組みになります。

 

万が一にも支払いができず肩代わりしてもらったとしても債務が消えるわけではありませんし、またそうした状況に陥った事から事故情報(ブラックリスト入り)として記録される事になります。

 

銀行カードローンを例に挙げると、返済期日を迎えても返済ができない場合は督促を受ける事になり、電話や手紙が届くと共に自宅に人が直接尋ねてくる事もあるのですが、延滞した期間が3ヶ月ほど続いた後は事故情報(ブラックリスト入り)として信用情報機関に登録されると共に、銀行は代位弁済の措置を行ないます。

 

つまり長期間の延滞は事故情報(ブラックリスト入り)が記録されると共に代位弁済も含めた双方の措置が行なわれる状況になりますので、その後の人生において様々な不利益が生じる事にもなりかねません。

 

また銀行から債権が移った保証会社からは通知が来ることになるのですが、その際には一括返済の請求を受ける事になり、これまで分割で返済してきた状況とは大きく変わり支払い残価については一括での返済が求められる事になります。