債務整理・自己破産で事故情報(ブラックリスト入り)

債務整理とは借金を多く抱える中で返済が難しくなった場合に借金を整理するための選択肢を指しており、それぞれの状況に応じて任意整理・民事再生・自己破産などいずれかから選択される事になります。

 

近年では消費者金融から必要以上に融資を受けないための様々な法律が作られ、年収の1/3までしか借りる事ができなくなるなど多重債務に陥らないための方策が立てられているのですが、それ以前から多額の借金がある場合にはこれ以上の返済が難しくなり、自身や家族を追い詰めることも往々にしてあります。

 

しかし法律では必ずしも債務者が全ての責任を背負うわけではなく、これ以上は立ち行かない状況に陥った場合には救済するための措置として債務整理を行なう事で借金の苦しみから解放することが可能になります。

 

この債務整理には3つの手続きがあり、まず任意整理とは融資を受けた金融機関と話し合いを行い、任意で借金を整理して返済額を圧縮する方法になります。

 

続いて民事再生とは任意整理を行ない債務が残った場合に裁判所に申し立て生活を再建させる方法で、さらに自己破産は裁判所に申し立てを行い認められれば全ての借金を帳消しにできる方法になります。

 

事故情報(ブラックリスト入り)として記録

任意整理は債務者が借金を返済できない状況に陥った事を指し示すものであり、任意整理・民事再生・自己破産などいずれを選択した場合にも金融会社を通じて信用情報機関に事故情報(ブラックリスト入り)として記録が残る事になります。

 

このケースでは延滞などとは異なり借金の返済に余地があるわけではなく、これ以上は返済ができない場合の最終的な手段になりますので、信用情報には100%の確立で必ず記録が残される事になり、それ以降に関しては新たに融資を申し込んでも断わられたりカードが発行されないなど、様々な場面で経済活動に制約が加えられる事になります。

 

ただ信用情報機関は銀行系や消費者金融系などと業界ごとに3つに分かれており、それぞれで金融機関より報告があった情報をどのように取り扱うかについては多少の差があり、必ずしも事故情報(ブラックリスト入り)として記録されるわけではありません。

 

例えば日本信用情報機構(JICC)の場合は破産・民事再生・任意整理と全てに記録がつくのですが、全国銀行個人信用情報センター(KSC)では破産・民事再生に留まり、またシー・アイ・シー(CIC)では破産のみとなりますので、記録については少なからぬ違いがあります。