延滞で事故情報(ブラックリスト入り)

延滞とはキャッシングやクレジットカードなどの利用に際してあらかじめ決められた返済期日を過ぎて返済が滞っている状態のことを指しています。

 

キャッシングでは返済日について入会時に指定する事になるのですが、一般的には金融会社が決めた指定期日をそのまま受け入れたり、または複数の指定期日からどれか一つを選択できる場合もあります。

 

この返済日については利便性を考えて利用者の方の給料日以降に設定する事が多くなるのですが、時にトラブルが生じるなど様々な原因により返済できない事があります。

 

良く聞かれるのが返済日をついうっかり忘れていたケースで、引き落としされる銀行口座にお金を入金するのを忘れていれば金額不足で正常な手続きが行えなくなり、またそれ以外にも返済日までにお金を用意できないケースが生じることも稀にあります。

 

ただ何が原因であれきちんとした契約の元で融資を受けたお金ですから一刻も早く返済する事が求められ、まずは金融会社の窓口に連絡を入れてどのように返済すればよいのか銀行振り込みの方法などについて確認することになり、指定された方法に基づいて速やかに入金を行なう必要があります。

 

事故情報(ブラックリスト入り)の条件

キャッシングなどの金融機関では延滞について2通りに分類しており、該当するケースに関しては事故情報(ブラックリスト入り)として記録される事になります。
この2通りの分類とは、返済日に数日遅れてすぐ返済があったケースと、3ヶ月連続で繰り返し数日遅れたもしくは61日以上の長期に渡り返済が無いケースで、前者であればついうっかり忘れていた可能性が高いので大きな問題になる訳ではなく、すぐ返済すれば後にトラブルが生じることもありません。

 

一部の金融機関の場合は返済日翌日にはカードを止めてすぐに電話が掛かってくることもあるのですがすぐ返済すればそれ以上は無いものの、その一方で後者の場合は事情が大きく異なります。

 

まず3ヶ月連続で繰り返し数日遅れたケースでは、すぐ返済すればそれで済むわけではなく利用者の返済能力に問題が生じたと受け止められてしまい、金融会社より注目されるようになります。

 

さらに返済日から61日以上経過した延滞になると間違いなく信用情報機関に事故情報(ブラックリスト入り)として記録される事になり、それ以降についてはその会社のカードが使えなくなるだけではなく、他社でも新規申し込みでも断られる事になります。