信用情報機関の全国銀行個人信用情報センター(KSC)とは

全国銀行個人信用情報センター(KSC)とは、国内の銀行のほとんどが加盟している全国銀行協会が設置し運営している信用情報機関で、銀行などの加盟社から寄せられた個人信用情報の管理を行うと共に加盟社に提供を行う機関となります。

 

この全国銀行個人信用情報センター(KSC)の特徴として挙げられるのは、運営母体が全国銀行協会である事からも分かるように銀行や信用金庫などの金融機関が加盟している点で、銀行と同様となる金融機関や政府関係金融機関などから信用保証協会が加盟社として情報を登録すると共に必要に応じて情報の問合せを行います。

 

具体的には銀行系クレジットカード・住宅ローンなどの個人向け融資・中小企業系の法人融資(代表者個人が連帯保証人となるケース)などで情報が登録される事になります。

 

 

登録情報については広範囲に及び、取引情報(ローンやクレジットなどの情報)・照会記録情報(金融機関からの問合せ情報)・不渡情報(手形交換所での不渡や取引停止)・官報情報(官報に公告される破産や民事再生手続)・本人申告情報などが挙げられます。
特に銀行系の信用情報機関であるため、手形の不渡情報や破産などの官報情報などが付加されている点が特徴的となります。

 

また全国銀行個人信用情報センター(KSC)では他の信用情報機関と同様に自社に特化した情報のみ取り扱うのではなく、クレジットや信販系のシー・アイ・シー(CIC)や消費者金融系の日本信用情報機構(JICC)など3社間でCRIN情報と呼ばれる情報のやり取りで相互に交流がある点が特徴として挙げられます。
こうした信用情報機関ではそれぞれで得意な分野があるのですが、それだけ押えていたのでは情報として不完全になりますので、それぞれで信用情報に事故情報や申告情報などがあった場合には互いに情報を伝え合う事で双方が補完しており、全国銀行個人信用情報センター(KSC)もまたその一翼を担っています。