過払い金の請求をするとブラックリストに載るか弁護士事務所により見解が異なるのはなぜ?

過払い金請求をするとブラックリストに載るのかどうか、これは長い間はっきりしたことがわからないと言われています。
現在では一般的に、借金完済後の過払い金請求であればブラックリストには載らず、完済前であっても過払い金請求をすることで借金を完済できる場合はブラックリストに載らない、つまり完済前であり、さらに過払い金請求をしても借金が完済できない場合のみブラックリストに載ると考えられています。

 

ただ、このことについては弁護士でも見解が分かれており、過払い金請求をすればとにかくブラックリストに載るという弁護士もいますし、そうでない弁護士もいます。
法律の専門家であるはずの弁護士の間でこのように意見が違うのはなぜなのでしょうか。
私達にとっても過払い金請求の相談をする弁護士によって違うことを言われてしまうわけですから影響があります。

 

そもそも、ブラックリストに載るのかどうか、どのくらいの期間載るのかなどの詳細については正確な情報がないのが現状です。
世間で言われているブラックリストについてのさまざまな情報はすべて目安であったり、これまでの状況からこうだろうと言われているだけなのです。
これは弁護士にとっても同様で、正確なことを知っているのは金融機関と信用情報機関だけです。

 

 

さらに金融機関や信用情報機関によっても見解が違うというのが実際のところで、この結果同じ方法で債務整理をしてもブラックリストに載る期間が違っていたり、過払い金請求をした時にブラックリストに載ったり載らなかったりしてしまうのです。
そのため弁護士もそれぞれの見解で話をするしかなく、過払い金請求についての解釈も変わってしまうことがあります。

 

ではどうすればいいのか、借金問題に悩んでいる場合、ブラックリストに載るかどうかを気にするのは良くないのではないかと思います。
ブラックリストに載ることを恐れるあまり借金問題の解決が遅れてしまうようでは意味がありません。
ブラックリストに載ってもこの先一生ローンを組んだりできなくなるわけではありませんし、まずは債務整理をして借金問題をしっかりと解決することが最優先ではないでしょうか。