民事再生後ブラックリストに載った人がローンを組む方法

民事再生とは債務整理の方法の1つで、自分の財産を手放すことなく借金の返済額を大幅に減らすことができます。
返済は3年間かけて分割で支払いっていくことになり、返済額が減ることもあって返済にかかる負担を軽くできるのが最大の特徴です。
たとえば同じ債務整理の方法である自己破産は返済義務そのものが免除されますが、その代わりとして財産も手放すことになってしまいますので、民事再生の方が良いと考える人も少なくありません。

 

この民事再生も債務整理ですからその後はブラックリストに載ることになります。
ブラックリストに載ると一般的にはローンを組むことができなくなると言われていますが、どうにかしてローンを組む方法はないのでしょうか。
まず、1度ブラックリストに載るとこの先永久にローンを組めなくなるわけではありません。
一定期間、つまりブラックリストに載っている間はローンを組めないのです。
となるとどのくらいの期間ブラックリストに載るのかが問題になってきます。
具体的な期間に関しては信用情報機関によっても違いますし、正確なことはわからないというのが現状なのですが、一般的に民事再生をした場合は5年間ほどブラックリストに載ると言われています。

 

 

つまり、民事再生をしてから5年が経過すれば以前のようにローンを組むことが可能になります。
5年というと非常に長い期間ではありますが、どうにかローンを組まずに乗り切るしかありません。
本来返済すべき借金の額を民事再生によって減らしてもらっているわけですし、過去に返済ができなくなったというのはやはりマイナスになってしまいます。
その結果ある程度のデメリットが生じてしまうのは仕方のないことだと言えるでしょう。

 

もちろん、ブラックリストに載る期間を短縮する方法などもありません。
ブラックリストが解除されるまで、とにかく待ちましょう。
ただ、同じ民事再生をした人でもブラックリストが解除されるまでの期間が違っていたりして、必ず5年というわけではありません。
4年で解除される可能性もあれば、6年かかる可能性もあり、自分の情報がどうなっているのかを定期的に確認することも重要になってきます。