任意整理後ブラックリストに載った人がローンを組む方法

任意整理をして借金問題を解決した場合、ブラックリストに載ることになります。
ブラックリストに載ると5年から10年ほどは新たに借金をすることができなくなりますが、それでもどうしてもお金が必要だという状況もあるでしょう。
では、任意整理後であってもローンを組んだりすることは可能なのでしょうか。

 

結論から言うと、条件さえ満たしていればローンを組むことは可能です。
その条件が重要になるわけですが、それはブラックリストに載っていないこと、つまりブラックリスト登録を解除されることです。

 

ブラックリストに載っていないということはその人の信用情報にはなんの問題もないと判断できますからローンを組むことも可能になります。
ただ、これが大きな問題でもあります。
ブラックリスト登録が解除されるまでは早くても5年かかります。
この5年の間にローンを組みたいと思ってもそれは不可能ということになってしまいます。

 

 

ここで気になるのはブラックリスト登録の解除を早める方法があるのかどうかです。
たとえば、本来5年のところを3年で解除できるとなればそれだけローンを組める時期も早くなります。
ですが、残念なことにこうした方法はありません。
1度ブラックリストに載ってしまうと決められた期間の間はなにがあってもブラックリスト登録が解除されることはないのです。

 

つまり、任意整理後にローンを組むためにはとにかくブラックリスト登録が解除されるまでひたすら待つしかないわけです。
こちらからは何もできないということで非常に歯がゆいのですが諦めるしかないのが現状です。

 

ただし、ブラックリストに載る期間がどのくらいなのかはあくまでも目安で、実際のところは信用情報機関にしかわかりません。
こちらが思っているよりも早い段階で登録が解除される可能性もありますので、ローンを組みたいと考えている場合は定期的に信用情報機関に問い合わせをしてブラックリストが解除されているかどうかを確認することが大切です。