家族が債務整理をしてブラックリストに載った場合の注意点

家族の誰かが債務整理をした場合、その影響にはどのようなことが考えられるのでしょうか。
家族という身内の問題ですので注意しておきたい点もいくつかあります。

 

まず、債務整理をするとブラックリストに載ることになりますが、これはあくまでも個人情報の1つで、家族がブラックリストに載ったからといって他の家族までみんなブラックリストに載ってしまうなんてことはありません。
債務整理をした本人はブラックリスト登録が解除されるまでは新たに借金をすることができませんが、だからといって他の家族まで借金ができないということはなく、返済能力さえ認められればきちんとお金を借りたりローンを組んだりすることができます。
家族とはいえ連帯責任を問われることはないわけです。

 

このことを考えると、基本的に家族が債務整理をしてブラックリストに載ることによる影響はないと言えます。
ある一定の状況でなければそれほど気にする必要はありません。

 

 

では、一定の状況とはなんでしょう。
これは他の家族が借金をする時、連帯保証人としてブラックリストに載っている人を記載した場合です。
連帯保証人とは申込者が返済できなくなった時に代わりに返済をする人ですから、当然返済能力が求められることになります。
ですがブラックリストに載っている人は返済能力がないと判断され、連帯保証人として認められません。
特に家族がブラックリストに載っていることを知らない場合は連帯保証人としてしまい断られるケースが多く見られます。

 

また、収入のない人がクレジットカードなどを作る場合、たとえば専業主婦がクレジットカードを作る場合は収入のある旦那さんが審査の対象になります。
この時もし旦那さんがブラックリストに載っていればやはり審査に落ちてしまいクレジットカードを作ることができません。

 

このような状況では家族がブラックリストに載っていることで影響が出ることがあります。
この点にだけは注意する必要があるでしょう。