過払い金の請求は完済前と完済後どちらがブラックリストに載る?

過払い金の請求は払い過ぎた分を返還してもらえる方法です。
返済中、利息を払いすぎている場合などが該当し金融機関に請求をすることで返還を求めることができます。
借金問題に悩む人にとっては非常にありがたい方法だと言えますが、過払い金の請求をすることでブラックリストに載る場合と、載らない場合がありますのでその違いをしっかりと把握をしておくことが大切です。

 

ポイントとなるのは借金を完済しているのか、それともしていないのかという点です。
借金をすでに完済している場合、すでに借金は存在しないわけですから過払い金の請求をしてもブラックリストに登録される事はありません。
というのも、過払い金の請求は債務整理ではありませんし、借金が残っていないのならなんの問題もなく、ブラックリストに載せる理由もないからです。
完済後の過払い金請求はブラックリストのことを心配せず行うことができるわけです。

 

 

では、完済前、つまり返済中に過払い金を請求した場合は必ずブラックリストに載ってしまうのかというとそうでもありません。
この場合もやはり状況によって変わってきます。
過払い金を請求するということは、支払い過ぎたお金が戻ってくるということです。
その戻ってきたお金を残った借金の返済に充て、その結果借金が0になればこれは返済を済ませたのとまったく同じです。
過払い金を請求するタイミングは返済中ではあるものの、こうした状況なら結果的に借金もすべて返済できますしブラックリストに載ることはありません。

 

借金の返済中であり、さらに過払い金を利用してもまだ借金が残ってしまう場合にのみ債務整理したとみなされブラックリストに載ることになります。
このように、過払い金の請求は返済前か後か、そして返済前の場合は借金が残るかどうかでブラックリストに載るかどうかが変わります。
もしブラックリストに載らないように過払い金の請求をしたい場合はこうしたことに気を付けながら請求をするようにしましょう。