債務整理後にブラックリストに載らない方法とは?

債務整理をするとブラックリストに載る、これはよく知られている事実です。
借金問題を解決することができる反面、その後数年間に渡り新たにお金を借りたりローンを組んだりできなくなりますから、ある程度のリスクもあると言えます。
では、債務整理をすると必ずブラックリストに載ってしまうのでしょうか。

 

実は債務整理をしてもブラックリストに載らない可能性があります。
その方法が過払い請求です。
過払い請求とは、金融機関に対して支払い過ぎた利息を返還してもらうことで返済終了までの期間などによってはかなりの額が戻ってくることがあります。
この過払い請求をした場合、債務整理をしてもブラックリストに載らないことがあるのです。

 

ただし、そのためには条件もあり、完済後の過払い請求のみブラックリストに載らない可能性が出てきます。
返済が終わっていない段階で過払い請求をしても債務整理をすればブラックリストに載ってしまうというわけです。
借金問題を抱えている方にとってこの条件は決して簡単なものではありませんが、もし可能なら過払い請求をすることでブラックリストに載ることを回避できるかもしれません。

 

 

注意しなければならないのはこの方法が確実なものではないということです。
ブラックリストに載るかどうか、この基準ははっきりとわかっておらず、信用情報機関によっても違います。
この情報はあくまでもそうらしいと言われているだけで、実際のところどうなのかは弁護士など法律の専門家でもわかっていないことです。
そのため完済後に過払い請求をしても結局ブラックリストに載ってしまう可能性もあるのだということを常に意識しておく必要があります。

 

とはいえ、現在では過払い請求をすればブラックリストに載ることはほぼないようです。
もし過払いが発生しているのであればブラックリストに載らずに債務整理をできる可能性がありますから、債務整理をしようと考える時はまず過払いが発生していないかどうかを計算してみるのもいいでしょう。