債務整理後にブラックリストに載る期間について

借金の返済ができなくなってしまった場合、問題を解決する方法として債務整理という方法があります。
自己破産や任意整理、特定調停、個人再生などが該当し、これらの方法を利用すれば借金の免除、もしくは負担の少ない状態での返済が可能になります。
返済できない状態のまま何もしないでいても問題は解決しませんから、こうした方法は有効だと言えます。
ですが、大きなデメリットとして考えられるのがブラックリストに掲載されてしまうという点です。
ブラックリストに載るとその間は新たにローンを組んだりお金を借りたりできなくなりますので、今後の生活で不便な思いをする可能性があるからです。

 

では、具体的にブラックリストに載る期間はどのくらいなのでしょうか。
結論から言うと、正確なことはわからないというのが現状です。

 

 

ブラックリストに載る期間の詳細については基準が公開されておらず、さらに信用情報機関によっても違うため正確な期間を知ることはできません。
ただ、目安とされる期間はあります。
たとえば自己破産の場合は10年間はブラックリストに載るとされており、任意整理や特定調停、個人再生なら5年間から7年間ほどだとされています。
債務整理をしていなくても、数ヶ月に渡って返済が遅れるとブラックリストに載ることがあるのですが、この場合は1年間ほど載るとされています。

 

このように、債務整理の方法にもってブラックリストに載る期間は変わり、自己破産がもっとも長く載ることがわかります。
自己破産は返済能力がないと判断され、借金が免除される方法ですからそのことが影響しているのでしょう。
もちろん、信用情報機関によっても期間は変わる可能性がありますし、あくまでも目安ですので必ず10年間は乗り続けるとは言い切れません。
自分が現在ブラックリストに載っているかどうかは信用情報機関に申請して調べることもできますので、最終的には自分で今の状況を定期的に調べるしかないというのが現状です。
不便ではありますが目安の期間を参考にしながらある程度のタイミングで調べてみるのが確実です。