ETCカードに代わるETCパーソナルカードとは?

一般的にETCカードというとクレジット機能のついたものを指しています。
これはETCクレジットカードと呼ばれるタイプで、利用するためにはクレジットカードの所有が条件となります。
なぜかというと高速道路利用の際の料金がクレジットカード会社を経由して支払うことになるからで、つまりはクレジットカードで買い物をするのとまったく同じ状態です。
そのためETCクレジットカードを持つためにはクレジットカードを持っていて、なおかつ審査を受ける必要があります。

 

ですがこれではクレジットカードを作ることができない方や、クレジットカードを持ちたくないという方はETCカードを利用することができなくなってしまいます。
ETCカードがあれば料金所での支払いをスムーズに行えるため需要は高いのですがその需要に十分に対応できないわけです。

 

そこで誕生したのがETCパーソナルカードです。
ETCパーソナルカードはETCクレジットカードとは違いクレジットカードを持っていなくても作ることができます。

 

 

ETCクレジットカードとの違いとしてはまずクレジット機能がなく、高速道路の利用料金のみ支払うことができるという点です。
これによりクレジットカードがなくても作ることができるようになっています。

 

また、カードの申込時には預託金を支払う必要があります。
これは保証金のようなもので、申込者本人の名義になっている口座に振り込む形で預託します。
預託金の額は利用見込月額と年間最高利用月額によって算出されており、人によって変わってきます。
つまり、事前にどのくらい利用することになるかを申告しておき、その額によって決められた預託金を支払うことで信用を証明することになります。

 

さらに年会費が1,200円必要になりますのでこの点もETCクレジットカードとの違いになります。
事前に預託金や年会費が必要ということで不便にも思えますが、ブラックリストに載っている状態でも作ることができるため大きなメリットがあると言えるでしょう。