ブラックリストでもETCパーソナルカードで代用

高速道路での料金支払をスムーズにしてくれるETCカードは非常に便利ですが、所有するためにはクレジットカードが必要なためブラックリストに載っている場合は所有することができないというのが一般的な考え方です。
ですが、ETCカードには種類があり、種類によってはブラックリストに載っている状態でも所有することができます。
種類についてですがETCカードにはETCクレジットカードと呼ばれるものと、ETCパーソナルカードと呼ばれるものがあります。
クレジットカードタイプは文字通りクレジットカードを所有している必要がありますので作ることができないのですが、パーソナルカードタイプであれば作ることができます。

 

そもそも、ETCパーソナルカードはクレジットカードの契約をすることができない、もしくはクレジットカードを持ちたくないという方でもETCカードを利用することができるように作られたもので、たとえるならプリペイドカードのような仕組みになっています。

 

 

ETCパーソナルカードを作る場合にはカード発行時に預託金、もしくはデポジットと呼ばれるお金を支払うことになります。
ETCクレジットカードのように申し込みの際に審査がないのですが、その代わりとして預託金を支払いカード会社に信用を証明するわけです。
また、毎年1,200円の年会費が必要な点も特徴的です。

 

ETCパーソナルカードを利用して支払った通行料金は毎月末日を締め日として1ヶ月ごとに集計が行われ、事前に指定しておいた口座から引き落とされることになります。
この点はETCクレジットカードと大きな違いはありません。
預託金や年会費が必要になるものの、使い方としてはパーソナルカードタイプとクレジットカードタイプに差はありませんのでブラックリストに載っている場合でも問題なく利用することができます。
料金所で現金で支払いを済ませるという選択肢もありますが、面倒な作業をしなくてもよいというのは大きなメリットと言えます。
しかもパーソナルカードタイプであればブラックリストに載っていても審査なしで作ることができますので便利です。