ブラックリストでもETCカードが作れる?

ETCカードのETCとはエレクトロニック・トール・コレクション・システムの略称で、有料道路、つまり高速道路を利用する際に料金所で停車することなく通過できるようになるものです。
高速道路をよく利用するという場合、面倒な料金支払いの手間をなくすことができるためETCカードは非常に便利なものとなるのですが、ブラックリストに載っている状態でもETCカードを作ることができるのでしょうか。
ブラックリストに載っているとクレジットカードが作れなくなるというのはよく聞く話ですが、ETCカードならクレジットカードではないため大丈夫なようにも思えます。
ですが、実はブラックリストに載っているとETCカードを作ることも難しくなってしまうのです。

 

そもそも、ETCカードとは料金の支払いをスムーズに行うためのもので、料金が無料になるものではありません。
料金所で支払いをする必要がないわけですがこれは後払いのシステムのようなものです。
具体的にはカード会社が料金を立て替えてくれている状態で、高速道路利用後にカード会社に料金を支払うことになります。

 

 

これはクレジットカードを利用して買い物をする時とまったく同じ仕組みで、ETCカードを利用した際の料金の支払いも所有しているクレジットカードを発行している会社が行ってくれています。

 

つまり、ETCカードを利用するためにはクレジットカードが必ず必要になるわけです。
これが大きなポイントになります。
ブラックリストに載っているとクレジットカードを作れないのですから、自然とETCカードも作れないということになってしまいます
一見関係なさそうな2つのカードですが、料金支払の仕組みの中で重要な関係があり、クレジットカードとETCカードはセットのような形になっています。
そのためETCカードを所有するためにはまずクレジットカードを所有しなくてはならず、ブラックリストに載っている場合はその情報が消されるまでの数年間待たなければいけないのです。