クレジットカードに代わるVプリカとは?

Vプリカとはクレジットカード会社として有名なライフカードが発行しているVisaプリペイドカードのことです。
インターネット専用ということで利用できるのはネットショッピングの支払いのみとなってしまいますが、クレジットカードの代わりになると今大きな注目を集めています。

 

最大の特徴はクレジットカードと比較して非常に簡単に作ることができるという点です。
ブラックリストに載っているとクレジットカードを作ることはできなくなってしまいますが、Vプリカならブラックリストでも作ることができるため便利です。
日本国内に在住している18歳以上の方なら誰でも作ることができ、簡単な登録手続きを済ませればすぐに利用できます。
Vプリカは1人につき最大で10枚まで同時に所有することができ、複数のVプリカの残高を合算することで10万円まで利用することができるため高額なお買い物にも対応することができます。

 

 

簡単に作れることが特徴となるわけですが、具体的にはクレジットカードのように審査を受ける必要がありません。
なぜ審査がいらないのか、これはVプリカの購入形態に理由があります。
クレジットカードの場合、カードを利用することでお買い物時の料金を支払うことができるわけですが、その料金はその後カード会社に支払うことになります。
つまり一時的に借金をしているのと同じで、カード会社としては立て替えたお金を返してもらわなければいけません。
そのため返済能力があるかどうかを審査によって確かめるわけですが、Vプリカはカード購入時に料金を支払うことによってカードの残高を購入している形になります。
先に利用できる分のお金を支払っているわけですから、審査を受けることなく、ブラックリストであっても使うことができるのです。
Visaということで利用できるお店も多く、年会費も必要ありません。
後々返済に困ってしまうという心配もなく、誰でも気軽に利用できるカードとなっています。