携帯ブラックリスト

ブラックリストという言葉を聞くと、借金の返済が遅れた時に登録されてしまうものと考える方も多いと思いますが、それだけではありません。
今では誰もが1台は持っている携帯電話の料金支払いが遅れた場合にもブラックリスト登録されてしまう可能性があります。
携帯電話の性能がアップしたことによって本体価格も上昇し、現在では携帯電話を購入する時は本体代金を分割で支払う形が増えてきています。
さらに毎月の利用料を支払うことになるわけですが、こうした毎月の支払いができないとブラックリスト登録されてしまうのです。

 

ここで気になるのがどのくらい支払いが遅れたらブラックリスト扱いになってしまうのかという点です。
通常、1ヶ月支払いが遅れただけではブラックリスト扱いにはならないと言われています。

 

 

過去に支払いの遅れがなかった場合ならまず大丈夫だと言えます。
目安としては3ヶ月以上支払いができないとブラックリストと考えるのがいいでしょう。
この場合、携帯電話そのものを強制的に解約されてしまうことになるのですが、それと同時にブラックリスト登録になるわけです。

 

また、携帯電話の支払いが遅れることによってブラックリストになってしまうと、その後しばらく同じ携帯電話会社を利用して携帯電話を持つことができなくなる可能性があります。
具体的な期間についてははっきりとしたことはわかっていないのですが、次に携帯電話を持つ時には別な会社を利用しなければいけないかもしれません。
ただ、未納だった料金を全て支払った後であれば問題なく契約できたというケースもありますので、あらかじめ携帯電話会社に確認をしてみるのが良いでしょう。
ブラックリストに登録されるとその後数年間に渡ってローンが組めなくなるなど、長期にわたって影響が出てしまいます。
携帯電話の料金なら遅れても問題ないだろうと考えていると思わぬ事態になってしまうこともありますので十分に注意する必要があります。