HOME

金融機関のブラックリストに登録されると、これから先の経済活動に一定の制限が加わる可能性がある非常に重要な問題なのですが、自分がブラックリストに登録されているか否か、これを調べる方法というはあるのでしょうか。

 

まず個人の信用情報については各々の金融機関で保有するだけでなく、複数の金融機関が加盟して情報を共有している信用情報機関に登録されることになります。

 

つまり自分でブラックリストに登録されているか調べる際には、この信用情報機関に直接登録状況について問い合わせるというのが方法として正しいということになります。

 

では信用情報機関とは具体的にどのような名称の機関になるのでしょうか、実は国内にあるのは1社だけではなく複数社が存在しています。

 

 

クレジットカード会社が加盟するCIC(株式会社シー・アイ・シー)、銀行系のKSC(全国銀行個人信用情報センター)、貸金業者系のJICC(日本信用情報機構 旧称:テラネット)などを始めとして、業種ごとに信用情報を取りまとめる機関が異なります。

 

まずはご自身がこれまで負債を抱えていたなど心当たりがある金融機関があれば、その会社がどこの信用情報機関に加盟しているかを調べ、そこに対して本人開示制度に基づき所定の請求を行うということになります。

 

自分でブラックリストに登録されているか調べる方法はおよそこのような形になりますが、それぞれの機関により細かな部分で手続きの方法に違いもありますのでよく確認しておきましょう。

 

ブラックリスト開示請求の手順ナビ記事一覧

過去にブラックリストに載るような事故を起こしてしまうと、それから一定期間はクレジットカードを作ることができなくなります。クレジットとはそもそも英語で信用を意味しており、カードの利用は信用貸しにもなりますのでお金の貸付と同様の事となり、一度失われた信用を再び取り戻すことは難しくなるのです。ただ日々の生活を送る中で利便性が高いカード類を持たないというのは何かと支障があるもので、お金をおろしに銀行のAT...

以前よりクレジットカードを作る際に、ETCカードも一緒に作ることを勧められるケースが多くあります。高速道路を初めとする有料道路をより便利に利用するためのカードとして人気が高く、車に端末機を設置すると共にカードを作ろうとする方もいるのですが、そこには意外な落とし穴があり、ブラックリストに入っている方はカードを作ることができません。というのも基本的にはクレジットカードと同じような機能を持つカードとなる...

過去にブラックリストに登録されてしまうと、クレジットカードの発行が出来ないだけでなく住宅ローンも組めなくなります。とりわけ住宅ローンの場合は土地や建物など何千万円という大きな額のローンとなりますので、過去にブラックリストに登録されている人物に対して審査が通ることはほぼ皆無だと言えます。ただそうした方でもその後に持ち直して生活や仕事を再建するなど安定した暮らしができるようになる事もあり、そうした中で...

車を購入する際にローンを利用する方も多いかと思いますが、過去にブラックリストに登録された事がある場合は、新たに車ローンを組むことが出来なくなります。車は車種により価格はピンからキリまであるものですが、いずれにおいても高い買い物となるわけで、ローン会社も過去にブラックリストに登録された方を断ろうとするのは当然の事だと言えます。ただ地域によっては車が無ければ生活もままならない場合も多くあり、なにか車ロ...

親族に何かトラブルが発生するとこちらにも悪影響が及ぶことが稀にあり、特に地方などではそうした謗りを受けることも多くあります。また一昔前であれば親子や親類の借金を払うよう求められるということもあったのですが、一方で親族がブラックリストに登録されていた場合は自分にも影響があるものなのでしょうか。まず信用情報というのはそれぞれの個人に対して登録されるものであり、本来は親族であろうともブラックリストに登録...

金融機関と取引をする中では、思いがけずちょっとしたトラブルが生じることも多々あります。例えばクレジットカードの自動引き落としをしている銀行口座にお金を入れ忘れた場合、カード会社は引き落としをすることができず、後日に延滞の知らせが届くことになります。こうしたミスは決して悪意があっておこなうものではないのですが、何回か繰り返してしまうとそのうちブラックリストに登録されてしまうのではないかと心配が生じる...

ブラックリストに登録されてしまうというのはできるだけ避けたいところですが、そもそもリストにはどういった項目の情報が登録されているのでしょうか。実はこうした信用情報を管理する信用情報機関には、不良債務者のみを集めて作成したブラックリストは存在せず、金融機関を利用する個人に関わる情報がフラットに記録されているだけとなります。そうした情報の中には債務状況や事故情報などが書き込まれていますので、マイナス要...

ブラックリストに一度登録されると、その情報は比較的に長い期間に渡り記載され続けることになります。この間は経済活動に一定の制限が加わることになりますので、情報が消えるまではしばらく我慢が続くことになるのですが、具体的にブラックリストに登録されるのはどれくらいの期間となるのでしょうか。まず信用情報を保管している信用情報機関では、およその年数についてはホームページなどで確認することもできるのですが、個々...

金融機関が利用する信用情報機関には、個人情報などはもちろんのこと、これまで金融サービスなどを利用した履歴などあらゆる信用情報が登録されています。自身が知らないところでどのような情報が書き込まれているかは非常に気になるところで、実際に過去にトラブルを起こして思い当たる節がある方はブラックリストに登録されていないか心配されるところとなります。実はこうした信用情報機関では個人が行う開示請求により登録され...

各金融機関は顧客が金融サービスを申し込んだ際に、信用情報機関に顧客についての信用情報やブラックリストの照会を行います。そこで得られた信用情報をもとに各金融機関は顧客にサービスを提供するか否かを判断することになるのですが、そもそもこの両機関にはどういった関係があるのでしょうか。まず信用情報機関は、割賦販売法や貸金業法などの法律で規定されている業種で、銀行系・クレジット系・消費者金融系などそれぞれの業...

ご自身について信用情報機関にどのような記録が残されているのか気になる場合は、それぞれの機関に対して情報の開示請求を行うことでその内容についてを知ることが出来ます。とりわけブラックリストに登録されている可能性の高い方は要注意で、ローンや融資を受けようとする前にはブラックリストに該当するかの確認はできるだけ行った方が良いでしょう。ただこの信用情報機関は1社だけではなく複数社が存在することから、自分のケ...

信用情報機関に登録されている情報は非常に気になるものですが、ブラックリストに登録されているか開示請求できるのは、誰でも行えるというわけではありません。こうした情報は個人情報の最たる例とも言えるしっかりと守らなければならない情報ですので、請求により開示できる人物というのはおのずと限定されます。まず最初に挙げられるのは登録されている本人で、その際には本人確認書類が必要となります。ただ本人以外にご家族の...

全国銀行個人信用情報センターでご自身の信用情報やブラックリストの開示請求を行う場合に、どのような手順で請求すればよいのでしょうか。開示請求に際しては郵送による申込みでのみ受けとなりますので、どのような手順となるか公式ホームページでよく確認することになります。まず本人が請求を行う場合には、登録情報開示申込書・本人確認資料・開示手数料の3点が必要となります。登録情報開示申込書は全国銀行個人信用情報セン...

日本信用情報機構でご自身の信用情報やブラックリストの開示請求を行う場合に、どのような手順で請求すればよいのでしょうか。日本信用情報機構への請求に際しては、携帯電話による申込み・郵送による申込み・窓口での申込みなどの3種類の方法があるので、いずれか選択することができます。まず携帯電話による開示請求を行う場合は、docomoとSoftBankのみの取り扱いとなり対応機種も限られていますのでまずはこの点...

シーアイシー(CREDIT INFORMATION CENTER)で自分の信用情報やブラックリストの開示請求を行う場合に、どのような手順で請求すればよいのでしょうか。シーアイシーへの請求に際しては、インターネットによる手続き・郵送による手続き・来社による手続きなどの3種類の方法があります。まずインターネットによる開示請求を行う場合は、CICインターネット開示ホームページにアクセスし、利用承諾を確認...

テラネットに信用情報やブラックリストの開示請求を行う場合は、どのような手順で請求すればよいのでしょうか。テラネットは信用情報機関として有名でしたが、実は2009年に他の複数の機関より事業継承を受けて日本信用情報機構と改称したためしたため現在ではテラネットは存在しなく、すべては日本信用情報機構へと受け継がれているのです。この日本信用情報機構への請求は、携帯電話・郵送・窓口での申込みなどの3っの方法が...

シーシービーでご自身の信用情報やブラックリストの開示請求を行う場合は、どのような手順で請求すればよいのでしょうか。シーシービーは外国系の金融機関が設立した信用情報機関という少々変り種の会社なのですが、2009年には他の信用情報機関と共に日本信用情報機構に吸収合併されることになり、現在ではシーシービーは存在せず、事業のすべては日本信用情報機構に引き継がれています。日本信用情報機構に請求を行う場合は、...

私は数年前に、折からの不況のあおりを受けて会社が倒産してしまい、半年ほど就職先を見つけることが出来ずに消費者金融に頼ることが多くなりました。貯蓄はそこそこあったのですが、親のことなど様々出費が重なり、挙句になかなか決まらない就職活動に嫌気が差して、それまであまりやらなかったギャンブルにのめりこんでしまいました。こうなると貯金が減るのも早いもので、雇用保険が切れた以降は消費者金融への返済が滞りがちに...

以前に新車を買おうとディーラーでオートローンを申請したのですが、どういった理由かローンが通らず、他の金融会社にいくつか申し込んだ中でやっとローン契約を結ぶことができました。200万円ほどのローンでこのように苦労するのかといぶかしく思っていたのですが、よくよく考えてみると思い当たる節もあります。学生時代に海外旅行に行くためクレジットカードを別の会社で2枚作ったのですが、最初に海外で利用した後にすっか...