HOME

借金生活に陥ったからといってまだ打つ手はあります! 頭を使って乗り切りましょう!

 

借金をしている人たちがやたらに多い時代だといわれています。
そのことは、この場で強調しなくても、何となく実感している方が多いのではないでしょうか? 

 

デフレがひたすら進行してしまって、とにかくどこの企業も経営がかんばしくありません。
ほとんどの業界では社員への金払いがよくないはずです。
リストラや倒産だってあちこちで行われています……数が多すぎて、いちいちニュースにならなくなっているとまでささやかれているくらいですから。

 

借金を重ねるようになったら、大部分の人たちはその後どんな運命をたどるでしょうか? 
ちゃんと(利息も含めて)全部払って、すぐに元の日常生活に戻る……ということができれば万々歳ですが、悲しいかな、なかなかそうはいかないのが現実です。
収入が一気に増えるようなこともないわけですから、何とか返してもまたすぐに借金をしないといけなくなったり、どこか違うところからも借りないといけなくなったり……と、借金は継続してしまう習性がある行為なのです。

 

 

借金を何度も続けていかないと、もはややっていけないのだったら、せめて上手に借金をして、脱出に結びつくようなやり方を実践していきたいものです。

 

借金にもいろいろな手段があるのです。
ただだらしなく借金を繰り返しているだけではいけません。
うっかりしていると、いつの間にか借金がかさんでにっちもさっちも行かなくなってしまう恐れがあります。

 

借金をしなくてもよくなるように考えることが最優先であることは間違いありませんが、借金返済に向けた効率のよい方法も考えたほうがいいというわけですね。

 

目の前の生活に追われて、いきあたりばったりの借金を繰り返すことはやめて、どうやったら負担の少ない借金ができるのか、そしてどうやったら元の生活に戻れるのか、
一度時間をとってゆっくり考えてみたほうがよいのではないでしょうか。

 

このサイトでは、借金を悪化させないコツや借金生活からの脱出をする戦略を研究していきたいと思います。

 

借金ナウ記事一覧

借金をするときの基本的な骨組みとでも呼べるのがキャッシングの利用ではないでしょうか。キャッシングは、ただ借りられればよいというものではありません。無計画に借り入れを繰り返していると、いつの間にかピンチに立たされてしまうでしょう。キャッシングで注意しないといけないことは、信頼を失わないようにすることです。キャッシングでは通常、毎月返済日がやってきます。当然、期限を過ぎても返さなかったり、金額が足りな...

キャッシングで忘れてはいけない大事なことは、複数の消費者金融から借り入れをするときの方法ですね(たとえば、収入が安定しているうちに申し込んでおくことは大切なことです)。キャッシング業界は、数年前の法改正のあおりをうけてかなりの打撃を受けています。「ほとんどの消費者金融は、経営難にあえいでいるのではないか?」とよく噂されるくらいです。しかも不況等の原因で、借りておいてから返せなくなる利用者も増えてい...

キャッシングをふたつ以上利用している人たちは多いようです。ひとつだけでは足りないためにふたつ以上利用しているわけですが、だんだんとひとつの業者で返してはまたそこで借りる→もうひとつの業者の返済に使う→そしてそこからまた借りる……という繰り返しになることがあります。この状態に陥る人たちはものすごく多く、しかも昔からいました。自転車操業という言葉があることからもそれは察せられるでしょう。自転車操業とい...

もちろん、自転車操業をうまく使うこともできます。たとえば、キャッシングとはどこでも原則として、借りたその日のうち(最近は1週間無利息が多い)に返済すれば利息がつくことはありません。これを使うと、わりと負担のかからない返済の繰り返しも実現できます。特に、まったく借り入れ残高のない消費者金融があるときは有効な手があります。そこをAとして、借り入れが続いている消費者金融をBとします。Bの返済分をAから借...

キャッシングをふたつ以上使って、自転車操業等を続けながら借金と返済を繰り返していくことは、うまくやることもできますが結局はあまりよいことではありません。返済日が月に何回もやってくることになりますし、たくさんの業者から借り入れをしていることは、その後新しいローンやキャッシングを申し込むときに不利になってしまいます。どこかひとつの業者に一本化すると、いろいろなメリットに恵まれるチャンスがあります。そし...

おまとめローンで注意しないといけないことは、利息の計算ではないでしょうか。一本化したら利息も減るチャンスがある……といっても、100パーセント絶対ではありません。ケースバイケースですから、計算を正確に行っておかないと意味がありません。おまとめローンを選ぶときは、そのおまとめローンに申し込んで通過した場合、毎月いくら払うことになるのかシミュレーションしましょう。それまでの月々の返済額と、これからの月...

キャッシングやローンは、消費者金融やクレジットカード、銀行等の金融機関や信販会社……等をフルに活用してうまくやっていくべきでしょう。ところで、いろいろな業者をうまく利用してやっていけている……と楽観していても思わぬ落とし穴が待っていることがあります。今まで通り借りようと思ったら、突然そのカードが使えなくなってしまうことがあります。カード会社のほうに連絡してみると、「お客様の状況をお調べさせていただ...

ここで大切なことは、今まだ使えるカードをそのまま利用できるように全力で働きかけることでしょう。返済期日や金額を守るのは当たり前ですが、最近ではどこの業者もすべての顧客に対して、その顧客の収入の三分の一を超える金額を貸してはいけないことになっています。※これは、すべての借り入れ額の話であって、各業者の借り入れ額のことではありません。多重債務者の場合、すべての業者からの借り入れ額を合計したら収入の三分...

キャッシングやローン等で借金生活を送っている人たちは、多くの場合ぎりぎりの生活を送っているでしょう。資産があるとしても、それを手放したくないことがほとんどではないでしょうか……たとえば車や不動産、アクセサリーといったものですね。しかし、借金生活を送る場合、担保があればだいぶ変わることがあります。もちろん、一般のキャッシングでも担保や保証人があると限度額が一気に高くなることがあります。そのことはキャ...

ところで、担保にはちょっと意外なものもあります。たとえば生命保険です。生命保険の解約返戻金に対する一定の割合で借りることが認められる制度があるのです。これは契約者貸付制度と呼ばれていますが、生命保険の会社や種類によって内容が変わりますからその都度確認する必要があります。※うまくいけば、通常のキャッシングやローンよりも利息が安く抑えられますし、申請から入金まで1週間程度しかかからないこともあります。...

借金生活を続けている場合、そこからの目標はその生活から抜け出すことです。借金を全部返済して、それ以上借りなくてもよくなるようにすることがいちばんですが、それができれば誰しも苦労はしませんね。結局自力ではそれ以上、借金生活を続けて行くことができなくなってくることが往々にしてあるものです。借金生活を自力で切り回していくことに行き詰まってきたら、法律の力を借りて事態の打破をはかるほうがよいでしょう。法律...

債務整理をやるときは、どんなことに気をつけたらよいでしょうか。※債務整理ではさまざまな方法があります。任意整理・特定調停・自己破産・個人再生……といった具合になります。ポイントは、自分に合った方法を選ぶことです。自分の債務の状況や財産の状況、収入の状況がカギになりますね。※法律の先生を信頼して、すべてをありのままに打ち明けることが大事です。債務整理が行われると、その時点で返済はストップすることにな...

債務整理方法はいくつかありますが、自己破産はその中でも究極の方法と呼ぶことができます。他の債務整理方法では、確定後もずっと返済を続けていくのですが、自己破産はそうではありません(返済をしなくてもよくなるのです!)。これは債務が多すぎる人、しかも収入が少ない人向けの方法ということになります。最近の例を参照しても、失業して時間がたっているような人が選んでいる方法ですから。自己破産をすると、債務の返済か...

自己破産をすると、財産をかなり募集されてしまうこと以外にもデメリットはいろいろとあります。・長期の旅行等をするときはいちいち許可をとらないといけない・職業等に関しても制限が出てくる(といっても、弁護士のような職業を目指しているのでもない限りあまり気にする必要はないでしょうが)・官報に名前と破産をした事実が掲載される(ただし、一般の人たちが目を通すものではないため、大げさに気に病む必要はないでしょう...

借金をする人たちはとても多くなっています。不景気が債務者の増加の大きな原因になっていることはほぼ間違いありませんね。国のほうもそのことはとっくに気がついていますし、何もしないでただ黙って見ているわけではありません。もう何年も前から、いろいろな制度を用意して債務者の生活再建を促進させようとしています。

行政からの借金というと、社会福祉協議会が有名です。生活福祉資金の制度は、生活資金がなくて困っている人たち向けに一定の条件で毎月お金を貸してくれる制度です。※ただし、多重債務者の場合はその債務がネックとなります。ローンが一種類や二種類で、しかも借入額が少額であれば問題になりませんが、多重債務者の場合はその事実だけでかなりのマイナス項目になってしまいます。この制度では、融資したお金を債務の返済に充当す...

借金生活を送っている人たちの中でも特に借金への浸透ぶりが激しい場合は、預貯金等も資産もすべて失っている恐れがありますし、失業して、就職活動もまったくうまくいっていない恐れがあります。ほとんどすべての財産をなくしていて、しかも仕事が見つかるあてもないとなると借金を返す以前に、まず明日からの生活のめどが立たないでしょう。債務整理、特に自己破産を選ばざるを得なくなってしまうケースは最近の日本ではまったく...

行政の制度もすべて条件にあてはまらない等の事情で利用できないとなると、残っているのは生活保護です。そして、生活保護も最近ではまったく珍しいことではありません。新聞等でもときどき、生活保護を受給している世帯が多くなっていることは報道されていますね。ただし、生活保護では、近い親族等から援助を受けられない場合に申請することになっています。誰か助けてくれそうな人がいそうな場合は、まず無理を承知でも援助を申...