HOME

自分の信用情報って調べる手段があるのだろうかと思うことはないでしょうか?例えば、借金やクレジットカードを申し込みをしたとします。そうした場合に、審査が通過しなかったとしますが、どうして自分は通過しなかったのか、分からない時には自分で調べることもできるようです。

 

心当たりがない場合は別かもしれませんが、ある場合には調べてみるのも良いでしょう。

 

自分の信用情報は、自分で見ることもできるようです。
個人の信用情報は、3つの機関がありますが、それぞれに扱っている部分が違います。クレジットカードの情報では、シーアイシーになります。このシーアイシーはほとんどのクレジット会社が加盟していますので、カード系の審査などで落ちた場合にはこちらに相談すると良いでしょう。銀行、信用金庫などは、全国銀行個人信用情報センターで相談されると良いでしょう。信販や、消費者金融会社ですと、日本信用情報機構に相談されると良いようです。

 

 

主に問題となるのは延滞による物が多いようです。

 

では実際どうすれば良いのかと言うことですが、実際にシーアイシーの場合は、相談所がありますので、個人情報が確認できる物、運転免許証が良いと思いますが、それと印鑑を持って行くと情報を確認できるようです。ただし平日の時間帯になりますので、土日は、業務を行っていないので、基本としては郵送による申請が良いでしょう。インターネットを利用して開示もできるようですが、個人情報の保護の観点からすると、郵送の方が良いのではないでしょうか?

 

はじめての信用情報ガイド記事一覧

信用情報機関というのは、個人の信用を客観的に表しているものを情報として収集する事や、収集した情報を提供したり、管理したりする事業をしているもので、消費者とカード会社やクレジット会社などの会員になっている会社との信用取引を支えているもののようです。カード会社やクレジット会社などから、登録された情報を管理して、会員になっている会社からの紹介があれば、それに対応する形で情報を提供していたりするそうです。...

信用情報機関は、いくつかあるのですが業種などによって、加盟している機関が分かれています。信用情報を収集して、それを提供するというのが信用情報機関のようです。個人としては、個人の住所氏名年齢などと、個人の使用履歴、支払いの状況、延納、滞納、自己破産しているかどうかなどを情報として収集しているようです。代表的な信用情報機関を紹介していきます。■全国銀行個人信用情報センター銀行や銀行系のクレジット会社、...

カードの申し込みや、ローンの際に使われるケースもある信用情報ですが、自分で開示することもできます。開示制度といわれるもので、本人からの申込みで信用情報機関に加盟している会社の支払状況や、契約の内容を確認することができます。自分自身の情報がどうなっているのか?現在どのように信用情報機関に登録されているのだろうか?登録されているのならどのように登録されているのか?このような事を知ることができます。信用...

実際に信用情報を開示するには、ご自身でする事もできるのですが、その場合には手順が必要となってきます。情報を開示するには、まずは受付をする必要があります。受付にはいつかの方法があります。1番簡単な方法は、信用情報機関に赴いて情報を開示する方法です。ただし平日のみの業務となっていますので、受付ができる人はこの方法を取ると良いでしょう。もう一つは郵送での情報開示方法です。必要な書類を信用情報機関に送って...

信用情報機関に登録されている情報は、登録期間というものが設けられています。その期間は、信用情報機関によって様々ですが、日本信用情報機構の場合を例に挙げて説明していきます。個人を特定するような個人情報については、信用情報機関の会員になっている会社と取引がある場合、氏名、生年月日、性別、住所の他にもお勤めの方は、勤務先の会社名、電話番号などが登録されます。個人情報以外にも取引がある場合は、取引に関する...

ご自身の信用情報を確認する場合にはクレジットカードに関する事もあるでしょう。クレジットカード等の情報については、シーアイシーに登録されていることが多いようです。シーアイシーはほとんどのクレジットカード会社が加盟しているようですので、ご自身の個人情報が気になる場合や、疑問に思うことがあるようであれば、信用情報機関であるシーアイシーに確認することが必要になってくるようです。例えば新規でカードを作ろうと...

住宅ローンを利用される場合には、銀行や、信用金庫などの信用情報を利用される場合があります。また住宅ローンを商品として提供している銀行の、銀行系の保証会社も信用情報機関の情報に登録したり、また見たりしている場合があるようです。この信用情報は、信用情報機関である全国銀行個人信用情報センターに登録されることが多いようです。信用情報機関の名前から推測できるように、全国の銀行や、信用金庫などが会員となってい...

債務整理をする場合には、信用情報にも掲載されてしまうようです。債務整理とは、要するに債務から解放される状態になりますが、支払いが困難な状態であることや、多額の借金を追ってしまった場合に、それを困難な状態ではない状態にすることのようです。債務整理にはいくつかの方法があるのですが、任意整理、自己破産、民事再生、特別調停などの方法があるようです。しかしながらこのような債務から解放される代わりに、信用情報...

近年過払い金返還請求が消費者金融の問題となっていますが、過払い請求をした場合には個人の信用情報にはキズがつくのでしょうか?ということが気になる人もいるでしょう。過払いによる請求をしても信用情報に傷がつくケースはないようなのですが、注意しなくてはいけないこともあるようです。1つには、債務整理をした場合です。債務整理自体はローンを払い得ないことに対しての救済でもありますので、ローン自体が払えないの場合...