借金返済に困った時の債務整理について

消費者金融などを利用して借金をした場合に一番問題になってくるのはその金利です。
返済が滞ってくると金利が金利を生む状況になってしまい、完済するのがどんどん困難になってしまいます。

 

これまで長期間に渡ってデフレの時代が続いてきたこともあって、日常生活でそれほど金利の上昇を考える必要はありませんでした。しかし今後は日本経済の恒常的な財政赤字や貿易赤字によって通貨の信認が損なわれ、金利が跳ね上がることも予想されます。
また原材料コストの上昇などによって商品価格を引きあがる動きもいろいろな業界で広がっています。このような中で賃金が物価上昇に追いつかず、借金をせざるを得ない人が増えることも考えられます。

 

金利上昇局面において借金を膨らませてしまう悪循環に一度陥ってしまうとそこから抜け出すのは容易ではありません。そういった場合に返済のための借金をする人もいますが、これは結局その場しのぎの対策でしかないので最終的には行き詰まってしまう人が大半です。

 

 

このような借金返済に行き詰まった人が利用するのが債務整理です。手続きをすると借金の免除や減免などを受けることができるので、自転車操業のような厳しい経済状態から解放される手段となるのですが、それを知らないために苦しんでいる人も少なくありません。

 

借金を返せなくなって困っているのであれば、弁護士などの専門家に相談して手続きの検討をすることで人生をやり直すことも可能となります。債務整理にはいくつかの方法があってそれぞれに特徴があるので、どの方法を選ぶことが一番自分にとってメリットがあるのかを専門家とよく相談して把握することが大切です。借金が過払い金に基づいているものであれば、過払い金返還請求をすることによって債務が減額されたり、場合によっては完済となることもあります。
過払い金に関係のある借り入れをしていた人の場合なら是非検討してみたい手続きです。このように裁判所を通すことなく債務者との間で話し合いを行う任意整理では如何に有利に交渉を行うかが重要になってきます。そういう意味でも交渉の経験が豊富な専門家の助けを借りたいところです。しかし状況によってはこのような任意整理では解決できない場合もあります。そういった場合に検討されるのが自己破産です。自己破産の手続きをすればブラックリストや官報に載ったり、クレジットカードが作れないなどのデメリットはありますが借金を免除してもらうには効果的な方法です。

 

債務整理記事一覧

 「民事再生」とは、経営破綻のおそれがある場合に、取ることが可能な法的再建手段のことです。原則、裁判所によって監督委員が選任され、裁判所や監督委員の監督のもとで、債務者自らが事業主体の地位ないし財産の管理権を維持継続したままで、事業ないし生活の再建を行っていくという点に特徴があります。従来の会社更生法との相違点は、経営者はそのまま事業を継続できる、やめなくても良いという点です。 「民事再生」とは、...

特定調停とは債務整理の方法のひとつです。一般的には債務整理となると、法律事務所に依頼をして自分の代わりに弁護士の方が債権者である金融機関と交渉してくれて、借金の減額や返済期間、返済金額、返済方法について話し合ってくれます。このように法律事務所にすべて委任するのが一般的なのですが、必ずしも法律事務所にお願いしなくても個人で債務整理をすることはできるのです。個人で債務整理を行うには、裁判所に申し立てる...

クレジット会社や消費者金融、百貨店や量販店でキャッシングカードを作り利用した事がある場合は、過去に支払ったお金の過払い金を取り戻す事ができます。過払い金とは払い過ぎた利息の事であり、最後に取引を終えてから10年以内であれば、過払い金請求で取り戻せます。過払い金が発生している場合とは、消費者金融やクレジットカードでキャッシングをした事がある場合や、6年以上前にキャッシングを利用した事がある場合に該当...

ヤミ金とは、闇金融ともいいます。貸金業者として国に登録をしていない貸金業者のことです。正式に認められた金融業者ではないのでヤミ金というのです。この業者は、違法な高金利でお金を貸すのです。借りた方は、高金利のために借りたお金が雪だるまのようにどんどん膨らんでしまうのです。この大きくなってしまった借入金を返すことは、とても難しくなってしまい一人で悩み抱え込むという状態になってしまいます。ヤミ金業者は、...

 「総量規制」とは、貸金業法によって、個人が貸金業者から借りることができる金額の総額に、制限が設けられている規制のことです。具体的には、借入残高が年収の3分の1を超える場合には、新規の借り入れをすることができません。つまり、原則、年収の3分の1までしか、お金を借りることができないということです。例えば、年収300万円の人の場合には、貸金業者から100万円までしか借りることができないということになり...

賃貸契約や住宅ローンなどで連帯保証人が付くことがあります。頼む側としては信頼できる身近な人にお願いすることがお勧めです。通常、親や親戚、上司などにお願いすることになります。一方、頼まれる側としては慎重に引き受けることが大事です。と言うのも、依頼主が借金を抱えてしまった場合、自分がその借金を肩代わりしなくてはならないからです。それが連帯保証人というものになるため、信頼できる人からの依頼ではないと簡単...

国内で消費者金融を運営しているところでは、万全なセキュリティ対策を実施しているというケースが強化されており、利用者の情報もきちんと守られています。最近はお金の貸し借りによるやりとりもインターネットで行われることが多くなっているため、ますますセキュリティの面が重要性を帯びています。その一方でブラックリストと呼ばれる「要注意人物」をまとめたデータもあって、主に借金返済の道筋が難しい場合や将来的な見通し...