ブラックリスト

ブラックリストとは、金融機関やクレジットカード等の支払うを滞納したときに残されるリストです。
ブラックリストと言っても、消費者金融等がそれぞれリストとして保管をしている訳では有りません。

 

銀行やクレジットカード会社、消費者金融など機関によって参考にしているブラックリストは違い、一般的には信用情報等と言われているのです。

 

ブラックリストに掲載をされてしまえば、クレジットカードを作る事が出来なくなってしまったりお金を借りたりローンを組む事が出来なくなってしまうでしょう。

 

勿論、1度や2度滞納した程度では掲載をされる事はありません。
信用を損なうような行為を何度も繰り返してしまうと、ブラックリストに掲載をされてしまうのです。

 

 

信用情報とは、いわゆるブラックリストの事です。
支払いを滞納していると信用が無くなってしまいますよね。
そんな信用情報の事をブラックリストとして記載して、この人は本当にお金を貸して良いのかどうか判断をするのです。

 

信用情報は信用情報機関に掲載され、様々な消費者金融やクレジットカード会社等が確認をするのです。

 

基本的に、普通にしていれば信用情報に傷がついてしまう事は無いでしょう。
もし、信用情報に傷がついてしまったら、クレジットカードが停止させられてしまったりお金を借りる事が出来なくなってしまう可能性が有ります。
ローンが組めないと困ってしまう事もありますよね。

 

信用情報は大切にし、お金を借りたら最後まで返す様にしましょう。

 

ブラックリスト情報バンク記事一覧

信用情報機関とは、信用情報を保管している機関です。所謂ブラックリストを保管している場所ですね。ブラックリストと言うと、金融業者がそれぞれ保有しているリストだと思っている人も入るかも知れません。しかし実際は、3つの信用情報機関があり、そこから情報を教えてもらっているだけなのです。信用情報機関には、様々な個人情報が記載されています。住所氏名や電話番号、性別を始め、勤務先やローンの借り入れ状況、延滞や解...

金融会社は、ブラックリストを参考にしています。ブラックリストとは、その人の信用情報を記載している物なのです。金融会社は、お金を貸す為に存在をしていますよね。困っている人にお金を貸すのではなく、返してくれるという信用がある人にのみ、お金を貸してくれるのです。その為、本当に返済をしてくれるのかどうかはブラックリストを見て判断をする事になります。ブラックリストには、現在の借入状況は勤務先、借りている業者...

ブラックリストに掲載されてしまう条件は、いろいろあります。例えば、クレジットカードの滞納です。一度支払いを忘れてしまうと、クレジットカード会社内の滞納履歴に記載されます。この段階ではまだ、ブラックリストへの記載はないでしょう。しかし、何度も滞納を繰り返したり、長期間滞納料金を支払っていなければ、ブラックリストに載ってしまいます。延滞は、クレジットカードだけではなく借入でも記載されています。もちろん...