信用情報機関

日本信用情報機構は、消費者金融系列が主に信用情報を確認している機関です。

 

こちらでは、様々な方法で自分のブラックリスト情報を知る事が出来るのです。
知る事が出来るのは、氏名や生年月日、電話番号等の個人情報から、クレジットカード、ローンの利用金額や残高、そして、遅延情報や法的手続きについてです。

 

現在は手続きの種類も増え、携帯電話でも知る事が出来るようになりました。
個人確認書類を日本信用情報機構に提出し、機関で本人確認を行う事が出来れば開示結果を教えて貰う事が出来るのです。

 

ブラックリストに掲載されると言っても、金融会社で滞納をしていなければ掲載される事はありません。
消費者金融系列でで延滞等の不安がある人は、日本信用情報機構でブラックリスト情報を確認をして見ては如何でしょうか。

 

 

借金に悩んだ時に行う手段として多いのが、自己破産申立、個人再生申立でしょう。

 

それぞれブラックリストに載ると言うデメリットはありますが、借金の負担が減るというメリットもあるのです。

 

自己破産は、自分の財産等を手放す変わりに借金を帳消しにする事が出来る制度です。
自己破産をすると資格制限のある仕事に就く事が出来なくなってしまったり行動に制限が出来てしまう場合もありますが、借金の返済がこれ以上全く出来ないと思った時にはお奨めです。

 

個人再生は、持ち家と手放さずに借金の整理を行う事が出来ます。
浪費やギャンブル等の理由でも手続きを行う事が出来、借金の元本も大幅の減らす事が出来るでしょう。

 

どちらも数年間はブラックリストに掲載されるので、良く考えた上で行いましょう。

 

信用情報機関のブラック情報記事一覧

シー・アイ・シーは、信販系会社が主に利用している信用情報を保管している機関です。使用情報確認方法は色々あり、パソコンや郵送、携帯電話はもちろん窓口で直接確認をする事も出来るのです。特に、すぐに信用情報を確認したいと言う人はパソコンがあればインターネット開示を行う事が出来ます。すぐに知りたい人には嬉しいかも知れませんね。確認できるのは、申込み情報としてクレジットカードやローンの申し込み調査に関する情...

最近、携帯電話料金を滞納したせいでブラックリストに載ってしまう人が増えているみたいですね。携帯電話料金は、あくまで携帯電話会社との信頼だと思っている人も多いでしょう。しかし、数年前から料金形態が変わり、月々の支払料金に機種代金を分割で付ける方も増えて来ました。数万円する機種代金を一括で支払うよりは、月数千円の加算で分割で支払った方がお得だと感じるかも知れませんね。しかし、これはクレジットカード等と...