HOME

お給料が一向に上がらない生活がなりたたないといったお悩みは、どこかしこでも耳にするようになりましたね。
会社の業績が下がっていたり就職率が低下しているなど、あまり耳にしたくないニュースばかりが聞こえてくるのですが、お金が無い時に限って突発的な出費がかさんでしまう事もよくあります。

 

貯蓄が思うようにできないのに出費が多ければ生活のあらゆるところで切り詰めなくてはならなく、それでも賄うことができない切羽詰った状態になれば誰かから借入をしなければいけません。

 

まず真っ先に頼りたいのは気心の知れた友人や両親などですが、人によっては頼むことが難しかったり、お金に困っていることを周囲に走られたくないという事情もあります。

 

 

そうした時に頼れるのが金融機関で、誰に知られることも無く困った時にピンポイントで借入をすることができますので、非常に便利に活用することができます。

 

ただはじめてそうしたサービスを利用する際には気持ちの部分でのハードルが高く、すでに利用されている方でもはじめての借入ではとても緊張したといわれる方もいます。

 

人によっては借金のたぐいを嫌がる方もいるのですが、そもそも借入をするのは返すことを前提に足りない時に穴埋めするためのものですから、後にしっかりと返済することを考えればまったく問題は無いといえます。

 

また穴埋めの機会が増えてしまい依存体質になるのではと懸念する方もいるかもしれませんが、最近の法改正ではお金を借りれる限度も制限されることになりましたので、はじめてという方でもまったく安心して利用することができます。

 

はじめての借入ガイド記事一覧

テレビCMや広告などでは借入先として様々な金融機関を見かけるのですが、こうした借入先はすべてが同じというわけではなく様々な種類があることをご存知ですか。借りれる事ができればどこでも、といわれる方もいるかもしれませんが、それぞれでサービスの内容や金利の傾向などが微妙に異なりますので、あらかじめ借入先の種類や内容を知っておくという事はとても大切になるのです。まず借入先の種類としては銀行や信用金庫などは...

消費者金融などの借入はとても便利なもので、ちょっとお金が必要になるときは手軽に申し込むことができます。手軽な一方でこうした融資も無限に申し込めるというわけではなく、個々の人により借入限度額が設定されており、これより多くは申し込むことはできないのです。消費者金融では最高限度額を広告などで記載していることが多く、よくよく見てみると300万円から500万円ほどとしているところがほとんどとなります。ただこ...

親兄弟からお金を借りる場合には借りた額だけを返すことになりますが、消費者金融などで融資を受けた場合には元本に借入金利を含めたお金を返すことになります。金融会社はこの金利を収益としていますので、利息が無料になるということは無いのですが、この借入金利は果たしてどれくらいを支払えばいいのでしょうか。まず消費者金融などをはじめて利用する方に限っては、30日間無利息というサービスを行う会社もありますので、初...

借換ローン借入とは、複数あるローンをまとめて一本化したり、現状のローンの金利が高い場合により安いローンへと乗り換えることを指しています。近年では銀行系のカードローンを広告でよく見かけるようになり、とくに総量規制が始まって以降はその対象から外されることから特に注目を集めるようになりました。手軽さも相まって複数のローンを利用しているという方もいるかと思いますが、そうした場合は毎月の支払い日は会社ごとに...

銀行から融資を受ける際には○○ローンと言う名称があるように、使う目的が限られている場合が多くあります。カーローンや教育ローンなどはよく聞くことがある名前であるといえますね。ただお金はこのように限定された使い道以外でも必要になる場合もあり、そうした時に活用できるのがフリーローン借入となります。銀行が手がけるフリーローン借入の大きな特徴は無担保方もあるという点で、数十万円から数百万円など比較的に高額に...

融資を受けたいというのは個人ばかりでなく企業でも同じ事なのですが、中小の企業が銀行などに申し込んでも融資が実現しないという事がよくあります。身の回りでこうした話を聞いたことはありませんか。申し込みがあると銀行は企業の事業内容に加えて担保についても詳細を見ることになり、残念な結果になる事も多々あるのです。そうした時に是非利用したいのはビジネスローン借入で、この融資の場合には担保や保証人が不要となりま...

結婚してしばらくたつとマイホームが欲しくなるものですね。周りのママ友の影響や職場の同僚の影響などきっかけは様々あるかと思いますが、それに向けて貯蓄をがんばろうとする方は非常に多いかと思います。マイホームを購入するタイミングというのは人それぞれなのですが、25歳という年齢が一つの目安になるともいわれていて、これは住宅ローン借入の最長借入年数の35年と関係があるのです。マイホームを購入する際には数千万...

消費者金融でキャッシングを利用する際には、そう大きな額を借りれるわけではありません。広告などでは限度額が数百万円ほどとなっていますが個々の人の状況にあわせて減額される事になりますし、これはクレジットカードのキャッシング枠でも同じことが言えます。担保も無く保証人も無いのであれば、融資の限度額が小さいというのは仕方が無いといえるのですが、なんとかならないものでしょうか。そうした時にもし不動産をお持ちで...

女性を優遇してくれるサービスはとても嬉しいもので、映画館やレストランなどと様々な特典を利用する事ができます。そうした中であまり行き届いていないのは融資の場面で、断られたり限度額を大幅に下げられたという経験がある方も多いのではないかと思います。なぜ女性は多くお金を借りる事ができないのでしょうか。これは単に女性だからというわけではなくて、例えば専業主婦の方であればご自身で得ている収入は無いわけで、パー...