HOME

「ブラックリスト」という言葉は良く耳にしますが、とても曖昧で怖い印象があります。
実際はそういったリスト自体は存在せず、金融会社が共有している信用情報の状態を総称して、通称「ブラックリスト」と呼ばれています。
金融会社は、それぞれの業界(銀行系・信販系・消費者金融系など)の信用情報機関に所属し、個人情報(住所、氏名、勤務先、所得など)、借入状況やクレジットヒストリー(取引履歴)を共有しています。
クレジットヒストリーとは、金融会社との取引上、どんな取引が行われてきたかが記録されています。
ただし、情報共有と言っても、金融会社がいつでも勝手に個人情報を照会している訳ではありません。
さて、各金融会社は所属する信用情報機関の情報提供を元に審査を行いますが、その信用情報機関に遅延などの事故情報が登録されていれば、いわゆる「ブラック情報あり」という事になります。

 

 

クレジットやローンの申込をすると、申込書に記載した個人情報(氏名・住所・勤務先・婚姻状況など)が信用情報機関に登録されます。
これは必ず申込の段階で登録対象になるので、申込者が了承することが義務付けられています。
申込だけで個人情報が信用情報機関に登録されるのです。
すでにその信用情報機関に登録がある場合は情報を参照・更新される事になります。
借入と返済をする中で、何件くらい金融会社を利用してるのか、総額いくら借りてるのか、返済状況はどうなのか、契約状況はどうなっているのか、無職になっていないか、転居はしていないか、などの情報が常に更新、参照され、信用情報機関を通して引き続き共有されます。
三ヶ月以上の返済遅延、自己破産、債務整理などの問題が発生した時点で「ブラック登録」されることになります。
またブラック登録されても一定期間を過ぎれば登録は削除され、新規でのクレジットカード作成や、ローンを組むことも出来るようになります。
また金融会社によって審査基準も違うので、一度申し込んで審査が通らなかったからブラック、という事にはなりません。

 

ブラックリスト初心者ガイド記事一覧

ブラック情報が登録の理由としては、返済遅延(特に三ヶ月以上)が原因の一つです。本人都合による支払遅延が複数回、または三ヶ月以上の遅延が発生すると、ほぼ確実に事故情報とされ、信用情報機関に「ブラック情報あり」と登録されます。ただし数日程度の遅延は、金融会社内での管理管轄なので、信用情報機関までには影響はありません。ただし、頻繁な遅延は金融会社の社内ブラック(該当金融会社内では審査が通らない事)になり...

信用情報機関に事故情報が登録されてしまうと、それ以降ローンやクレジットなどが利用できなくなります。その期間はまず、新たに借入をすることが不可能なりますので、ショッピングローン・自動車ローン・住宅ローン・クレジットカードは利用が出来なくなってしまいます。■住居の賃貸などに影響はあるのかブラック登録されてしまうとアパート・マンションなどの賃貸物件への影響があるのではないかと心配されます。ところが、アパ...

信用情報機関が「ブラック扱い」としてしまった場合ですが、このブラック登録は一定期間を経過でしか登録削除はされません。例えば、ある金融会社との借入と返済を行っているうちに、仮に返済遅延を起こしたとします。支払予定日より3ヶ月間支払いが遅延したり自己破産や債務整理などの事故情報が発生すると、信用情報機関に「ブラック情報」が登録されますが、その情報は規定の年数登録されます。何年間の登録は、信用情報機関が...

ブラック登録情報を管理する信用情報機関は複数あります。現在は統廃合が進み主に三団体で管理されています。この機関の情報を照会する事で、各金融会社は審査などを行っています。それぞれの機関により情報を登録期間や情報の内容が異なります。信用情報機関は「銀行系」「消費者金融系」「信販会社(クレジットカード会社など)系」と業種別に存在します。■銀行系の信用情報機関「全国銀行個人信用情報センター(KSC)」銀行...

現在どんな状態で信用情報機関で扱われているか知るために、本人が情報開示を要求して確認することが出来ます。それを「本人開示制度」といい、各信用情報機関へ手続をすれば本人は自身の信用情報を確認することができます。■申請方法信用情報機関に出向く、郵送での申込、信用情報機関によっては携帯電話やインターネットからの開示申請が可能です。個人を証明する証明書は必須となりますが、信用情報機関によって内容が異なりま...

◆たくさん借りすぎない現在は「総量規制」が法律で厳しく導入されているので、一時のように「借りすぎ」という状態にはなりづらくなっています。ある意味では安心ですが、やはり借りすぎないというのは基本中の基本となります。◆返済遅延を起こさないATMで貸し借りするイメージが強い消費者金融ですが、最近は経営不信などに伴いATMの数も減っているので、行けなくて返済がついつい遅れがちになってしまう場合が見受けられ...

■過払い金請求では信用情報に影響は無い過払い金請求とは、グレーゾーン金利が撤廃され、利息制限法が改正されましたので、借入時に払いすぎた利息を請求する手続きのことです。全国的に消費者金融では会社経営に影響するレベルで過払い金が返還されていますので、該当をする金融会社が倒産する場合もありますので、緊急を要す手続きとなっています。手続き自体は個人でも司法書士でも弁護士でも可能です。以前は「過払い金請求す...

借入が膨大になり、返済や生活までも立ち行かなくなった場合、自己破産をする場合があります。自己破産制度は借金を免除してもらう制度ですが、弁護士を通して手続きをし、「破産手続開始決定」が下りて「免責許可の決定」を受けてから適用されますので誰でも簡単に破産出来るわけではありません。自己破産が適用されると過剰な資産は没収されたり(マイカー所持など)資産所有状況に条件や制限を受けます。自己破産は「破産者名簿...

クレジットカードやローンを利用していなくても、携帯電話料金の遅延でブラック扱いになることがあります。携帯電話料金を滞納してブラック登録になる数が、2010年に21万人だったのが、2011年には145万人の約七倍に増加しています。この数はもう無視できないレベルになっています。以前は、携帯端末が安価だったため、分割で購入という事はありませんでしたが、最近はスマートフォンの登場もあり、高価な端末を月賦払...

ブラックリストに登録されてしまうと、数年間に渡ってローンを組んだりクレジットカードを作ることができなくなってしまい非常に不便な思いをすることになります。ここで気になるのがブラックリスト登録を消す方法はあるのかという点でしょう。結論から言うと、これをすればすぐにブラックリストから消えるという方法はありません。たとえば、滞納していた借金を全て返したからといってその時点でブラックリスト登録が消えるわけで...