調停の申し立てとは

特定調停は、簡易裁判所へ申し立て手続きを行うことで利用できますが、このときに注意する点としては、申し立ては債権者の所在地を管轄する簡易裁判所に申請するということです。

 

例えば、債務者が東京に住んでいる場合でも債権者の所在地が神奈川なら、神奈川県の簡易裁判所に申し立てをする必要があります。なので、申し立てをする場合は債権者の営業所などの住所を調べなくてはなりません。

 

また、申し立ての際に事前に問い合わせる必要がありますが、複数の債権者が別々の所在地にあり、管轄する簡易裁判所が異なる場合には関連事案として1カ所の簡易裁判所で取り扱ってもらえるケースもあります。