債務が減額される理由

先程の「特定調停のメリット」で触れた、債務総額の減額や返済額が減額される理由として、近年話題となった消費者金融会社に代表される貸金業者特有の利息、いわゆる「グレーゾーン金利」の撤廃が挙げられます。

 

グレーゾーン金利とは、利息制限法を超えるが出資法までは超えない利息のことを言います。このグレーゾーン金利は、貸金業法の「みなし弁済規定」があることで発生していました。みなし弁済規定とは、「債務者が任意に支払い、貸金融事業者が契約時及び弁済時に適切に書面を交付している場合は超過金利があっても利息制限法の規定に係わらず有効な利息の弁済とみなされる」というものです。この特例がグレーゾーン金利を有効なものにしていました。しかし、2010年の改正貸金業法の完全施行により、グレーゾーン金利は撤廃され、みなし弁済規定も廃止されました。

 

 

これにより、特定調停の際に調停委員の要請により、債権者側で利息の再計算、いわゆる「引き直し計算」が行われ、利息制限法の上限金利を超えている金利の条件で支払った利息分を利息制限法の上限金利での契約として、過剰に支払っていた利息分を借入金の元本に充当されることが可能になりました。今までもその不当性により、利息制限法を超えた利息分を借入金元本に充当される場合が多かったですが、この貸金業法の改正により、法的にも完全に認められたことになります。