債務の整理方法は大きく分けて4種類

債務の整理方法には現在、「特定調停」「任意整理」「個人再生」「自己破産」と主に4つの方法があります。

 

それぞれおおまかに紹介すると、「特定調停」は債務者が裁判所へ特定調停を申し立て、裁判所が債務者と債権者の間に入り、借入額の減額や返済方法を調整し、生活の立て直しを目指します。

 

「任意整理」は弁護士や司法書士に債務整理を相談、依頼し、その弁護士や司法書士が裁判所を介すことなく直接、債権者と交渉をして、借入額の減額や返済方法を決めて解決を図る私的な整理手続きです。

 

「個人再生」は裁判所を通じて借入金減額や返済方法を決めるという部分は「特定調停」と同じですが、借入額が大きい場合に活用されることが多く、定期的かつ3年以内で返済できる再生計画を裁判所へ提出し認可される必要があります。定期的な収入など、一定の要件を満たせば「自己破産」の場合だと手放すことになる持ち家を手放すことなく債務整理が可能になり、「自己破産」しかないと思われる場合でもこの「個人再生」の利用によって解決できるケースも増えています。

 

 

債務の額や状況によって使い分けますが「自己破産」が債務整理方法の最後の手段になります。裁判所に申し立てをし、破産宣告の後の免責決定を受けることで、債務の返済を免除してもらう制度です。免責を受けることで債務は無くなりますが、換価可能な財産は全て処分する必要があることや、手続き中は居住地を黙って離れられないこと、公的な資格(旅行業者取扱管理者、宅地建物取引主任者など)が一時的に喪失されることなどの社会的制約を受けることからも先に挙げた「特定調停」「任意整理」「個人再生」での債務整理が難しいケースで用いられます。