HOME

初めて融資を受ける場合にはどうしたら良いのか分からないそんなことありますよね。銀行や、消費者金融で相談することになりますが、どこが良いのかよくわからないこともあると思うのです。どれぐらい自分は借りることができるのか?どれぐらい自分は返すことができるのか?いろいろ不安になることもあると思います。

 

例えばクレジットカードも融資の一つでもあるのですが、クレジットカードを使えば、閉め日から支払いまでの期間現金を使わなくてすむわけです。クレジットカードが月末締めの翌月20日払いであれば、1日に買えば、30日+20日でつまり50日支払いをしなくてよいのです。一回払いにすれば、金利もかかりませんので、融資を受けている感覚はないと思いますが、リボルビング(リボ払い)にすると、月5,000円の支払いであれば、5,000円の支払いは代わりませんが、金利が掛かりますので、一回払いで払うよりも多く払っていくことになります。

 

 

融資も同じで、借りたお金に対して金利が発生していますので、100万円借りたら100万円返すわけではありませんので、金利については詳しく調べてから相談されるとよいと思います。

 

今は消費者金融でも上限金利や収入に対しての上限の割合が設定されていますので、返済するのに無理なローンは事実上組めなくなっているそうです。

 

またなるべくは返済できるように無理な計画は立てないことが大切になってきますね。融資を受けるにしても保証人が必要な場合もあります。補償してくれる人の迷惑にならないようにする事も大切になってきますね。

 

はじめての融資ナウ記事一覧

即日融資は、その名前の通り、申し込み当日にお金を借りられるのです。急にお金が必要になった場合は、ありがたいですよね。普通だと、融資の申し込みをすると審査がありますので、審査によっては、かなり長い期間かかることもあります。借りる側としては、すぐにでも借りたいですよね。銀行では土日は休みになってしまうので、土日に借りたいとなった場合は困ってしまうこともあります。即日借りたい場合は、消費者金融や銀行など...

不動産担保融資は、不動産を担保にしてお金を借りるのですが、不動産って何?という人もいるかもしれません。不動産は分かりやすく言うと、家とか土地とかですね。家や土地、そのまた両方の価値を計算して、そこから融資できる金額を決定します。一つ問題があります。とても重要なことですが、もしお金返せないとなると家や土地が、融資してくれた会社に渡ってしまいますので注意が必要です。それが担保融資の一つのポイントです。...

キャッシングとは、主にはATMなどを使って小額の現金を融資してもらうことです。クレジットカードを利用しているのであれば、キャッシング機能がついていることが多いです。ただし金利は高い部類になります。クレジットカードを持っていれば、分割払いにしてもそんなに金利はないのですが、キャッシングの場合は、18パーセントぐらいの金利になることもあるので注意が必要です。キャシングの中には、短期間では金利がつかない...

つなぎ融資は、本融資を受けるまでの間に、一時的に融資してくれるものです。私たちが一番身近な所では住宅ローンでのつなぎ融資です。住宅ローンを組む場合には、抵当権の設定のもあるのですが、完成してからの融資となります。そうなると問題は、住宅を建築中に、住宅を建てるメーカーにお金を払う必要があるのですが、どこからそんな大金が出てくるのか?と思う人もいるでしょう。このような場合については、住宅はもう建つこと...

担保融資は、担保を取って融資するものです。担保ってなんだろう?と言うことがあると思います。担保は、そのお金を融資してもらう際の保険ですね。融資する側は、回収できないことを常に考えています。回収する場合には何か必要ですね。借主が、無一文で家も貸しアパートだし、お部屋にもほとんど担保に取れるものがないとなると、難しい融資になります。一般的に一番担保になりやすいものが、土地や建物の不動産です。土地や建物...

創業融資とは、これから何かビジネスを初めと思う人が使える融資です。しかしながら、銀行から融資を受ける場合にはかなり厳しいかもしれません。日本政策金融公庫の新創業融資制度を使うと、無理のない状態で借りることも可能なようです。しかし条件がいくつかあるみたいです。まずは、新たにビジネスを始める人でないといけません。今勤めている会社の勤務経験が6年以上あって、同じ業種で創業する場合にはかなり有利な状況とも...

事業融資は、事業をされている方向けの融資です。会社という事業をうまく進めていくには、どうしても借り入れが必要な時があります。相手先の支払い条件の変更があったりすると、そのずれでも問題が生じる事があります。たとえば相手先が、月末締めの翌月20日払いであったのを、翌月末払いにした場合には、10日間、つまり月の三分の一は資金が足りなくなってしまうのです。その間に支払いがなければよいのですが、突然必要にな...

起業融資は、起業する前や、起業して間もない状態で受ける融資のことです。起業をしようと思ったら、まずは自己資金を考える必要があります。やはりまったく自己資金なしは難しいでしょう。ある程度の自己資金も必要ですし、起業をした後は、運転資金も必要となってきますので、企業をする際の計画は綿密に行なうことも必要になりますね。独立しました〜これからどんどん稼ぐぞ〜と意気込んでも、順調に収入があるとは限りません。...

企業融資は、企業が長く事業をしていく上で大切な物です。新規出店をする際に、全て自己資金でやっていくのは無理があります。特に大きなショッピングセンターなどでは、数億円ではなく数十億円かかります。そんな大金を企業の自己資金で全てまかなうのは難しいです。そして、数多くのショッピングセンターを作っていくのも難しくなるでしょう。企業が成長するのにも企業への融資は必要不可欠なものです。他にも資金不足が心配され...