信用情報機関はいくつか存在しています

信用情報機関は、一般人向けに個人情報の開示をしています。
所在地は東京に集中していますが、近場でない人たちでも(どこにいても)利用することはできます。
郵送で受け取ることができるからです。

 

これで開示してもらえるのは、当然のことですが自分の金融情報だけですね。
ただし、他人が代理で申し込みをすることは可能です(情報を受け取ることができるのは代理人ではなくて本人だけですが)。

 

実際に出向くときは当然身分証明書等も必要ですし、多額になることはありませんが手数料等はかかります。

 

なお、自分の金融情報を開示してもらうときの手順は各信用情報機関によってまちまちです。

 

 

・何を持っていかないといけないのか
・郵送のときは何を送らないといけないのか
・インターネットだけでも手続きができるのか
・代理人を立てるときはどうすればいいのか
・手数料がいくらかかるのか

 

信用情報機関ごとにバラバラですから、個別に問い合わせをする必要があります。

 

・株式会社日本信用情報機構(JICC)
・全国銀行個人信用情報センター(KSC)
・株式会社 シー・アイ・シー(CIC)

 

なお、近年は信用情報機関の合併等も相次いで起こっているため、数年前の情報を見ていると混乱することがあります。
※日本信用情報機構を中心として起こっていますね。全国信用情報センター連合会やテラネット、CCBは今では日本信用情報機構とひとつになっていると考えて差し支えありません。