最近話題の総量規制とは

最近メディアでは総量規制という言葉がよく聞かれて話題となっています。

 

名前からして何かを規制するための物という事は分かるのですが、実はこれは国が政策として法律に盛り込んだもので、キャッシングやカードローンを普段使う方に大いに関係してきます。

 

この総量規制とは一言で言えば借り入れできる額を押さえ込むための規制で、貸金業法ではキャッシングやカードローンを含めた全てのカード会社の借入額の合計を年収の3分の1以内に規制するという厳しい内容になっています。

 

人によっては借り入れが困難になりますので話題になるのは当然となりますが、なぜこのような法律改正が行われたのでしょうか。

 

もっとも大きいのは自己破産を予防するという点で、これ最近のことではなく以前より言われていることで、消費者金融などでは個々の会社ごとに借入額の際限はあるものの、複数社を回ればさらに借入額を上乗せすることもできます。

 

こうして作られた借金は雪だるま式膨らんでしまうということになりますので、あとは自己破産するしかありません。

 

自身の収入に見合わない額を借り入れてしまえば、この先返すあてが無くなる可能性もありますので、年収を一つの基準と考えてその3分の1に収めるというのが総量規制の大きな目的となっているのです。

 

ただこの総量規制も抜け穴があるというのも人知れず話題となっており、最近では規制の対象外となる銀行系のカードローンに人気が集まるようになっています。