ブラックリストに載るとアパートを借りられないのか?

借り入れの延滞が長引くなどしてブラックリストに載ると、日常生活での不安は一段と増してきます。生活を切り詰めて場合によってはよりやすいアパートなどに引っ越すということも検討することになります。

 

ただその際に気がかりなのは、ブラックリストに載るようになるとアパートなどの賃貸物件を借りれないのではないかといった不安です。

 

消費者金融では借り入れができなくなりますしカード類も新たに作れないなど、何かを借りる際には著しい制限が付きまとってしまいます。
その延長として賃貸物件も借りれないのかもしれないという不安を感じる場合もあるのですが、実際にはどうなのでしょうか。

 

アパートなどを借りる際には入居審査が行われますので一定の確認は行われるものの、その中には信用情報は含まれていません。

 

賃貸物件で契約相手となるのは不動産会社なのですが、金融機関とは異なり信用情報機関に問い合わせは行えませんので、ブラックリストに載るからといってこの点での不利益はありませんので安心することができます。

 

ただ一点気をつけて欲しいのは、契約の際に家賃保証会社を利用する場合です。

 

家賃保証会社はその名前の通り、利用者が家賃を支払わない場合に不動産会社に対し保障を行いますので、その利用者の債務状態についても調べることになり、ブラックリストに載っている場合は借りれないことになるのです。

 

ただしこれもウィークリーやマンスリータイプの賃貸物件であれば前払い制なので関係が無く、簡単に契約を結ぶことができます。