ブラックリストのデメリット

ブラックリストに載ることがよいことではないことは、改めて繰り返すまでもないことです。
しかし、一旦ブラックリストに載ってしまった場合は仕方がありません。
具体的にどのようなデメリットが考えられるのでしょうか。

 

ブラックリストに載ってしまうと、その期間は当然のことですがキャッシングやローンなどの融資関係の申し込みは一切通らなくなるでしょう(闇金は別ですが)。
もしかしたら、小規模な消費者金融や違法な金融会社であればブラックリストに載っている場合でもお金を貸してくれることがあるかもしれません。
そのような話をまったく聞かないわけではありませんが、原則として期待しないほうがよいでしょう。

 

お金を借りられないということは考えてみればけっこう不便なことではあります。
ローンやキャッシングを組めないとなると、生活のために必要な出費について、それを埋め合わせる方法がなくなってしまいます。(住宅や車を買うときはローンを利用することが多いですが、それらを一切利用できないわけですから・・・)。

 

 

そして当然、クレジットカードも原則として新規に発行できないわけですが、最近ではクレジットカードを利用できないと購入することができないものも結構あります。
特にオンライン決済で買い物をするときは、現金での支払いができないこともあります。
必要な時に必要なものを買えないといった困った事態に直面させられることもあります。

 

しかし、ひと昔前とは違い現在ではプリペード式クレジットカードやデポジット式クレジットカードなどがコンビニで手軽に購入できます。そちらを利用すれば特にクレジットカードが新規に発行できなくとも生活に困ることはありません。

 

以前はクレジットカードが新規発行できなくなることから債務整理に二の足を踏んでいた方が多かったのですが、プリペード式クレジットカードやデポジット式クレジットカードの登場で債務整理のデメリットがなくなったのではないかと思います。