ブラックリストでもお金は借りれる

世の中の景気が停滞しがちな今日では、仕事が上手く軌道に乗らずに借り入れを行うという方も多いかと思います。

 

時にブラックリストに載ってしまうような事態が起こるかも知れませんが、それ以降も生活をしなければいけませんのでお金が必要になってくる場合もありますね。

 

一般的にはブラックリストに載った時点で全ての借り入れはストップされてしまうと思われているのですが、実際にお金は借りれるものなのでしょうか?

 

まず一口にブラックリストといっても様々な段階がある訳で、まず借り入れを行った消費者金融などの個々の会社で記録される延滞程度の履歴であれば、他の消費者金融でお金は借りれることになりますので特には問題ないといえます。

 

これはいわゆる社内ブラックリストと呼ばれるもので、信用情報機関に登録される本物のリストとは異なる情報となりますので、その会社内もしくはグループ会社内で新たにお金を借りることができないという程度で収めることができます。

 

ただ金融会社が横断して情報を共有しあう信用情報機関に金融事故情報が登録されてしまうと、ここからは一段と厳しい状況になります。

 

とくに政府の施策により総量規制など様々な規制が強まる中では、ブラックに該当する方ははなから相手にしてくれないという風潮があるのです。

 

ただ丹念に消費者金融を探してみると、正規の金融会社でもお金は借りれるところも少なからず存在しますので、ブラックリストに載ったからとあきらめずに探してみましょう。