延滞もブラックリストに載るのか

延滞とは、毎月の決まった日にクレジットカードでお買い物した代金をクレジットカード会社に支払わないことを指しています。

 

大抵は銀行の口座から自動で引き落とすことになっていますので、メイン口座とは別の口座から支払いすることにしている場合には、ついうっかり入金を忘れて引き落としが出来ないというケースもあるかと思います。

 

支払いを避けようとわざと入金しておかないというケースはあまりなくて、ほとんどはこうしたうっかりミスで延滞することになります。

 

その際の対応としては、程なく自宅に届く督促状ですぐに支払いを済ませてしまえば問題ないとお考えの方も多いのではないでしょうか。
ただ理由はどうあれ、クレジットカード会社からしてみれば支払いが滞ったことには間違いがないのですが、この場合はブラックリストに載ることになるのでしょうか。

 

まず延滞があった場合にはクレジットカード会社の内部記録に延滞情報として登録されることになります。

 

これは頻繁に発生することであり、特に大きな問題となるわけではなくブラックリストに載るというわけではありません。

 

ただ一つ気をつけておきたいのは、ブラックリストに載るわけではないのですが、こうした事態が繰り返し発生すると同じクレジットカード会社の系列で新たにクレジットカードを作ろうとしても申請が拒否されてしまうこともあります。

 

同じ系列の会社で2枚目のカードを作るというのは一見するとあまりないようにも思えますが、合併による発行会社の統合、ETCカードはお持ちのクレジットカード会社で作る場合が多いので、その際に断られてしまうことも考えられます。