ブラックリストに載る条件とは

ブラックリストに自分の名前が入るという事態はできるだけ避けたいものですね。具体的にブラックリストに載る条件というの何か決まっていることはあるのでしょうか。

 

まずよくありがちなのはクレジットカードのお買い物代金の支払いを忘れてしてしまうケースですが、この場合はクレジットカード会社に情報が留まり、内部情報に記録が登録されることになります。

 

この時点ではまだ問題ないのですが、それから先に督促状などに応じずクレジットカード会社にも連絡を入れないでおくと事態が悪化することになり、2〜3ヶ月ほどの長期延滞になると金融事故情報としてブラックリストに登録されることになってしまいます。

 

この金融事故情報は単にクレジットカード会社の社内情報として登録されるだけではなく、金融機関が情報を共有しあう信用情報機関に情報が登録されることになりますので、この時点でブラックリストの載るという状態になってしまうのです。

 

信用情報機関に登録されると、他のクレジットカードが発行されなくなったり、ローンが組めないなど様々な問題がでてきますので、ここまでの段階でできるだけ早く問題を解決しておきましょう。

 

ここまでの話をまとめますと、ブラックリストに載る条件となるのは2〜3ヶ月ほどの長期延滞、というのがひとつの目安になるといえます。

 

ただ信用情報機関はいくつか存在しますのでそれぞれで基準が異なり、こうした内部情報については公表を行っていませんので2〜3ヶ月というリストに載る条件はあくまで目安とお考え下さいね。