過払い請求だけならブラックリストにはもう載せられません

ところで、債務整理を伴わない過払い請求もありえます。
過払い請求というと、それだけで債務整理だと誤解されることがあります。
しかし厳密にはこのふたつは一緒ではありません。
実は過払い請求は、債務をすべて返済している人たちでもやることができるのです。

 

数年前に法律が改正されて、グレーゾーン金利が撤廃されましたが、それまではどこの貸金業者も高めの金利を設定していました。
この期間に借り入れをした人たちは、きちんと返済し終わっていることも多いでしょう。
その場合、払わなくてもよい分まで払っている可能性があるというわけです。
今からでも、過払い金があればそれの請求は可能ですし、実際に弁護士や司法書士はその手の相談をいつでも受け付けています。

 

この場合の過払い請求は、債務整理を伴わないのですが、それだけでもブラックリストに記載されて、今後ローンやキャッシングを申し込めなくなってしまうのではないか、という懸念を感じる人たちもいるようです。

 

実際にそのような例もあったそうですが、その後それはおかしいだろうという抗議が行われ、裁判にまで発展しました。
そして2年前に金融庁が正式に、過払い請求の事実を信用情報から削除し、以後も記録しないことを発表しました。

 

したがって、完済後の過払い請求をするだけではもうブラックリストに載る心配はありません。
※消費者金融等がつぶれないうちに過払い請求をしてしまったほうがよい、と最近はよくいわれるようになってきました。