債務整理でブラックリストに載る?

債務整理をしたことがある人は多いでしょう。
このような不景気にあっては、債務整理をすることを余儀なくされる人たちが毎年大量に出てきて当たり前なのです。

 

債務整理には、「任意整理」「特定調停」「個人民事再生」「自己破産」「過払い金請求」がありますが、原則、債務整理をした時点でブラックリストに載ってしまいます。

 

例外として、「完済後の過払い金請求」のみブラックリストに載りません。ということは「完済前の過払い金請求」はブラックリストに載るということになります。

 

それ以外ではブラックリストに載らない方法はありませんので、債務整理される場合はよく弁護士と相談の上、債務整理をするタイミングなどにつき検討するようにしてください。

 

ブラックリストに載りたくないからという理由だけで債務整理手続きを行わないということは本末転倒になりかねません。
どちらを優先すべきかよく検討する必要があります。

 

すでに借金が返済できていなければブラックリストに載っている可能性はありますし、今後、借金返済の目途が立っていなければブラックリストに登録されるのも時間の問題です。
ですから、債務整理を早めに行い少しでも早くブラックリスト期間から抜け出せるようにすることが大切ではないでしょうか。

 

また、最近ではブラックリストに登録されても住宅ローン、車のローン、賃貸契約以外はとくにデメリットがありません。
クレジットカードもデポジット型やプリペード式も販売されていますのでネット決済に不都合は感じられません。