ブラックリスト|HOME

ブラックリストとは支払いの遅延、滞納、未払い、債務整理などにより信用情報機関に登録されることを言います。
個人の信用情報が信用情報機関のデータ上で管理され、金融機関がクレジットカードの新規発行・更新、ローンやキャッシングなどの融資を行うに値する信用のある人間かどうかを調べるために信用情報機関に照会を行っています。

 

実際に、信用情報機関が独自に管理している金融事故情報を俗に「ブラックリスト」と呼んでいます。
そこには個人の信用情報が厳重に管理されています。
ローンやキャッシングなどの融資に関して必ずと言ってよいほど各金融機関は照会を行っています。

 

少なくとも正規の金融機関であれば必ず信用情報機関が保有する信用情報を利用していますし、また各金融機関は信用情報機関へ独自の情報を提供しています。

 

その為、各金融機関は信用情報機関に照会を行えば融資に値する人かどうか一目瞭然というわけです。

 

早い話、ブラックリストの情報は、ローンやキャッシングなど融資の際の判断基準となっているわけです。

 

信用情報機関のことを、一般の私たちが意識するのはどんなときでしょうか。
ほとんどは、お金を借りるときでしょう。
お金を借りるとき、それも家族や友人からではなく何らかの金融機関からお金を借りるときといえば、住宅ローンであったり、車のローンであったり、キャッシングであったり、……とさまざまですが、その際は必ず融資の審査を受けることになります。
審査されて融資が通らなかったり、または希望金額よりもかなり少ない額しか借りられなかったりしようものなら、ブラックリスト入りしているのではと心配になります。

ブラックリストの仕組み

ブラックリストに登録される……とは、具体的にはどんなことでしょうか。
金融事故情報として登録されるのは明らかに信頼を損なうような行動をとった場合です。
よくある例を挙げるならば、借金返済の延滞をした場合が多いでしょう。

 

どこかのキャッシングやローンを利用していれば、必ず月1回のペースで返済日がやってきます。
そして、その日の支払いをジャンプしてしまうことがあります。
しかし1回や2回であれば、すぐに払えばそれほど問題ではありません……しかし、3回目となるとただでは済まされません。
実際に、ブラックリスト入りするのは3回以上借金返済を遅延した場合です。
もっとも、遅延期日が長期化すると、たった1回の遅延でも即座にブラックリストに登録されることになっています。

 

そして当然のことではありますが、次のような場合もその時点でブラックリストに登録されます。
・返済がしきれなくなって、連帯保証人が代わって返済をする結果になった場合(代位弁済)
・法的な債務整理に突入した場合(債務整理)
・催促の連絡が取れなくなった場合(逃亡)

 

このようなケースでは、「融資する相手としては信頼に足らない」という事実を如実に表している結果になってしまうからです。

 

もっとも、ここまでのような「前科」を犯していなくても、クレジットカードが発行できなくなったりローンやキャッシングの申し込みを断られたりすることはよくあります。
この場合は、金融事故情報として記録されているわけではないのですが、それ以外の情報が登録されている可能性があります。
たとえば、同じ時期に立て続けにいくつものローンやキャッシングの申し込みをしている場合です。
1回申し込みをすると、その結果に関係なく申し込んだ事実が信用情報機関に登録されます。

 

これは数ヶ月しか記録されないため、金融事故情報ではありません。
しかし、まだ記録が残っている間に他の金融業者に申し込みを行うと、お金に困っているかのような疑いを持たれます。
そのために金融機関としては、審査を通すことに二の足を踏まざるを得ないというわけです。

 

個人信用情報とは?

個人信用情報とは、クレジットカードのショッピング・キャッシング、ローン、賃貸契約などの契約時に利用されるもので、氏名、生年月日、勤務先などの個人情報や借入状況、借入金額、最終返済日などの情報が載っています。

 

きちんと返済できている情報は「ホワイト」、きちんと返済できていない情報を「ブラック」と呼びます。このように、個人信用情報に事故情報(ブラックリスト)が載ることを「ブラックリストに載る」と言います。

 

個人信用情報は、自分で信用情報機関に開示請求すれば書類として見ることができます。郵送による手続きをするか、インターネットを通じてPCやスマホから申込みをするか、代理人(主に弁護士、家族や友人はできません)による開示手続きもできます。

 

ブラックリスト最新情報

スマホの支払い延滞のせいでブラックリスト入りする若者が急増中!

信用情報機関CICによれば、スマホやタブレットなどの携帯端末の分割払いを3ヶ月以上滞納しブラックリスト入りした人は、年間145万人に跳ね上がったそうです。
スマホやタブレット端末の分割払いは、通話料と端末代が合わさっているため、「分割払いの契約をしている」という自覚がなく、知らぬ間にブラックリストに載ってしまう方が後をたちません。

 

借金返済の相談先および闇金(ヤミ金)の相談先

債務整理の相談先
闇金(ヤミ金)の相談先

 

最近話題の商品・サービス

マヌカハニー ニュージーランド産
アスタリフト
ネイル検定
メンタルケア心理士
求人 薬剤師
求人 看護師
メンタルケア心理士通信講座
メンタルケア心理士講座
メンタルケアカウンセラー通信講座